Home >

旅 Archive

沖縄の食材

  • 2011-02-23 (水)

今日は沖縄最後の日

朝からランニングへ。

「海沿いを走ろうかな?」と、走っていると、魚市場の標識が。

「面白そう、寄ってみよう」

DSCF3482.JPG

那覇の中央市場へ行ってきました。

DSCF3469.JPG


今日はあいにく、全国的に市場が休みなのですが、
隣接する卸しの店が開いていました。

覗いてみると、沖縄で一番の高級魚といわれる、アカジンが!

DSCF3472.JPG

こちらがアカジン。

大きさは3キロほどでしょうか。

これはぜひ、食べてみたい!

この三日間、いろいろなお店で食事をしたのですが、
アカジンには、巡り会えませんでした。

名護の市場を見学したときに、
アカジンは1キロ未満のものは、すべてリリース。

生息数が激減していて、保護の対象に。
(1キロ以上は販売可能です)

ハタの仲間のようで、築地市場では、まず見たことがありません。

DSCF3475.JPG


こちらは、アサヒ蟹。

昨晩のお店で食べてとても美味しかった蟹です。

甘みが強く、今まであまり食べたことがない味わいです。

形もなかなか面白い(笑)

DSCF3465.JPG


こちらは、カジキです。

カジキはカジキマグロと言われ、マグロという名が付きますが、
マグロとは別種。

カジキはスズキの仲間で、マグロはサバの仲間。
鮮度のよいカジキは、刺身にも向きます。

DSCF3467.JPG

もちろん、お腹の身を切ってもらいましたよ♪

DSCF3480.JPG


さぁ、こちらはなんだか分かります???

ウミヘビで~す。

猛毒だそうですよ~!!!

以前、テレビでウミヘビ漁を見たことがありますが、
漁師さん、なんと素手で捕ります。

見てびっくりしました!

ウミヘビは高級食材で、昔は宮廷料理に使われた食材。

今でも、料理や泡盛に漬けたり。

市場へ行ったということは・・・

はい!もちろん、仕入れてまいりました!

ウミヘビ以外は(笑)

明日の午前中に届く予定です!

カジキ、アサヒガ二、アカジン、海ブドウ。

明日は、沖縄の食材を出させていただきます。

ほかにもミーバイ(ハタの総称)や大きなニシキエビもありましたが、
今回はこれぐらいで。

他にも美味しかった魚があったのですが、
すっかり名前を忘れました(笑)

さぁ、明日、ご期待ください。

特にアサヒガ二は限定3匹。ぜひ、ご予約ください。

明日から、通常営業!

もちろん、お昼から営業します!よろしくお願いしますm(__)m

沖縄でリフレッシュ~

  • 2011-02-20 (日)
2月21日、22日、23日の三日間、お休みさせていただきますm(__)m ご予約のお問い合わせは、ホームページのインフォにて、 お受けいたします。

20日の今日、村上さん、めでたく本日 結婚式でございます。

19日~27日まで、理宇子さんはお休みで~す。

村上さん!おめでとう!!

りんオープン時から勤めてくれ、
苦楽を共にしているので、喜びもひとしおです。

じゃあ、二次会は、僕が仕切ります!!!

ということで、松本・村上さん披露宴2次会は近日。

どこでやろうかな~?もちろん料理は僕が監修いたします。
(でも、結構迷惑だったりして???)

挙式は親族だけで行うということでしたので、
僕と稲葉君は、21日~23日までお店をお休みして、
リフレッシュ休暇。

オープン以来初めてですね、リフレッシュ休暇は。

去年の9月に6年目に突入し、僕の頭の中は、
常に仕事のことでフル回転でした(笑)

それを見てきた妻に、
「南の島でぼ~っとも、人生大切!(^^)!」

と、今回、沖縄旅行を計画してくれました。

僕にとって初の沖縄、初の南の島♪三線の音に酔いしれてきます。

3月から、大幅なメニュー改正を考えており、つかの間のリラックス!

メニュー改正なまだ青写真しかできていないので、ガラッとは難しいかも。

稲葉君にも教える時間もありますからね~。

BLOG3139.JPG


と、沖縄生きの飛行機の中で、文章を書いていると・・・、

BLOG3138.JPG


いやぁ~!着きました!!那覇空港!!!

うれしい~\(◎o◎)/!の前に・・・。

うちの家族の一員をお迎えに。

犬用クレートが運ばれてきました!中には・・・、


BLOG3137.JPG


はい、ふぅた君です。

初の飛行機で、ふぅた、大丈夫かぁ~と、
心配しておりましたが、まずは元気そう???

ちょっとブルブルしておりますが、大丈夫、大丈夫!

家族が揃ったところで、沖縄旅行満喫してまいります!!!

長野 上高地への旅 2

  • 2011-01-03 (月)

DSC01355.JPG

昨日に引き続いて、上高地への旅の模様を
お送りします。


DSC01367.JPG

僕が行ったのが、10月中旬。

上高地も夏の猛暑の影響で、例年より
1か月遅い紅葉だそうで、色づいている
葉は、5割ほどだったでしょうか。

でも、きれいですよね~。

10割だったら、どのようなきれいさなのか?

紅葉と桜だけは、いつ満開をいうのがわかりませんよね。


DSC01385.JPG

大正池に向かうと、朝焼けの焼岳が!

いやぁ、圧巻ですね~。

自然というのは、きれいだ。

DSC01387.JPG

大正池の湖面から霧が!

これは蒸気霧というそうです。

要するに、水の方が気温より暖かいので、
このような現象が起こります。

幻想的です。

DSC01373.JPG

大正池に流れこむ小川をふと見ると・・・、
いましたぁ~!!!

岩魚!!!

こんなきれいな場所に生息している魚なんだな~。

上高地は禁漁区で、岩魚やアマゴがたくさん生息しているそうです。

自然が身近すぎて、これまた驚きました。

DSC01398.JPG

うぅん???

視点を変え、湖面を見ると、山が写っている・・・\(~o~)/


DSC01400.JPG

穂高連峰!

DSC01397.JPG

逆さ富士ならぬ、逆さ焼岳!!

いやぁ~、すばらしいとしか言いようのない、
景色でした。

また、ぜひ訪れたい地 上高地。

ここまで、心奪われる地は、初めてでした。

ぜひ、行かれてみてください(^^♪

長野 上高地へ  1

  • 2011-01-02 (日)

昨年の10月に行った、長野 上高地の旅の模様を
お届けします。

DSC01353.JPG

店の営業を終え、新宿から車で、いざ上高地へと
向かいました。

上高地へ着いたのが、4時ぐらい。

DSC01349.JPG

少し仮眠して、5時前に、上高地の入り口へ。

日の出前。

10月半ば、さすがに寒く、気温は氷点下だったと思います。


DSC01351.JPG

日の出前の山々は幻想的で、見入ってしまいました。


DSC01358.JPG

川の水は、手がきれるような、冷たさ。

このあたりの標高はなんと、1500m。

そりゃ、寒いわけです。

上高地へ登れるのは、10月いっぱい。

冬の気配がする寒さでした。

DSC01362.JPG

5時を過ぎると、太陽の日が差してきました!

うわぁ、きれいだな~。


DSC01369.JPG

そして、空を見上げると、見たことのない
スカイブルー!

いつも新宿の空ばかり見ている僕にとって、
この青さは、なんともいえない、心洗われる青でした・・・。

ただいま、宿に到着

  • 2010-10-23 (土)

ただいま、今宵の宴会が行なわれる宿、鳥屋沢さんに着きました!
途中、白骨温泉にはいり、温泉を満喫。紅葉を見ながらの露天風呂は、
秋一番の贅沢かもしれません。また、のちほど更新します。

上高地の星空

  • 2010-10-23 (土)

今日、特別な集まりがあり、
アマゴの釣り人浜伝さんのお招きで、
今、上高地に着きました。1時過ぎに車で新宿を出て、四時半に上高地の入り口に着きました。着いて、車から出ると、星の綺麗さに驚かされました。北斗七星、オリオン座が目の前に。感動です!申し訳ありませんが、今日は和味りん、お休みをいただいております。また、ちょくちょく更新すると思いますので、こうご期待!星空の画像が撮れないのが残念(>_<)

ノートルダムの番人

  • 2009-09-06 (日)

DSCF1587.JPG

パリのノートルダム大聖堂。

ノートルダムとは、フランス語で「我らが貴婦人」と
いう意味なんだそうです。

貴婦人とは、聖母マリアを指しているとか。

このノートルダムの塔の四隅には、
番人がいます。


DSCF1604.JPG

悪魔のような?日本でいうと鬼?

異次元の番人。

パリの街を、頬杖をつきながら、
眺めています。

見つめるのは、人類の未来?

宿の夕食 なにやら視線が・・・

DSCF0786.JPG

冬休みに行った、熱海の宿の夕食。

まずは、前菜から。

夫婦で乾杯をして1杯やっていると・・・。

なにやら視線が~(ーー;)

DSCF0799.JPG

ふぅた「いい匂いですね♡♡♡」

DSCF0788.JPG

視線はさておき、次の料理へと。

「そろそろ、日本酒でも飲もうかな?」
と、盛り上がっていると・・・


DSCF0798.JPG

ふぅた「・・・♡♡♡」

DSCF0796.JPG

煮物が出てきて、夫婦でおいしいやら、
なにやら話しをしながら盛り上がっていると・・・。


DSCF0797.JPG

ふぅた「お願いします(T_T)ボクにも何か
ください~!」

DSCF0794.JPG

いやぁ~、ごめんごめん、おやつかな?

ふぅた「違うんだよな~、ご飯なんだよな~(ーー;)」

正月休みの旅行

  • 2009-01-18 (日)

正月休みに、家族で旅行にいきました。

宿は、いつもの熱海。

犬連れで泊まれる宿で、
露天風呂もあり、満足の宿。

DSCF0759.JPG

熱海路へは、中央高速で。

まずは、山中湖。

目当ての店があります。

DSCF0761.JPG

山中湖は、冬の使者、白鳥の姿が。

冬だな~。

気温も2度。さすがに寒い。


DSCF0766.JPG

富士山は見えずで、ちょっと残念。

寒いので、山中湖に来た、目的へと。


DSCF0755.JPG

それは、ビーフシチュー。

無添加のソーセージを作っている工房
古志路さん。

ソーセージや、生ハム、なんと塩辛も作っています。

どれもうまい!!!

山中湖、別荘族御用達のお店。

お店の隣の、ラウンジで食べることができます。

一度食べたら、また行きたくなる味です♪

DSCF0892.JPG

もちろん、ふぅたも一緒です。

この続きは、気が向いたら書きますm(__)m

清流の宿 宝川温泉

  • 2008-10-26 (日)

DSCF0550.JPG

先日の連休、群馬県 宝川温泉に行ってきました。

久々、山の中の温泉です。


DSCF0599.JPG

上野から、2時間半。

水上温泉駅へ到着。

宝川へは、ここからバスで、30分。

期待が膨らみます。


DSCF0560.JPG

宿の脇を流れる、宝川。

いやぁ~、水がきれい(^.^)

気持ちいい~。


DSCF0539.JPG

宿の歴史は古く、最近では少なくなっている、木造の宿。

この宿の自慢は、大きな露天風呂。

100畳の露天風呂という宿自慢の広さ。

大きな露天風呂が計4つもあり、うち3つは混浴。
日帰り入浴も盛ん。

そのため、あまりにも人が多くて、露天風呂の画像は、撮れませんでした。

湯は、よかったですよ~。

特に、夜の露天風呂がすばらしく、よかったです。


DSCF0582.JPG

昭和初期の香りがする、宿の中。

うぅん、こういうところに来たかったんだよな~。


DSCF0591.JPG

ススキも咲き、秋の装いの宝川周辺。


DSCF0553.JPG

近くの山に登ったら、見事に紅葉した木が。

あれから、2週間。

宝川は、紅葉真っ盛りだと思います。

みなさんも、いかれてみてはいかがですか?

今日から、北海道に行ってきます。

  • 2008-06-14 (土)

今日から、3日間、北海道に行ってきます。

いろいろな食材を探してこようと思います。

今回の目当ては、「チップ」という、ヒメマス。

私もまだ、使った事がなく、北海道でも貴重な魚。

出会えたらいいな~と。

それでは、行ってきますヽ(^o^)丿

ここはどこだか、分かりますー(^.^)

  • 2008-04-13 (日)

neo2.JPG

これを見て、どこかわかったらすごい!!!


neo1.JPG

サングラスを持って、上をみているのが、若かりし私(ーー;)

ここは、エッフェル塔の真下。

パリ、いいですよ~!

こんな寒い日には・・・

  • 2008-02-03 (日)

今日は、東京でも雪が降りましたね~。

冬本番といった感じ。

寒くなると、温泉が恋しいものです。

今日は、山奥の秘湯をご紹介ヽ(^。^)ノ

img011.jpg

栃木の奥鬼怒温泉郷

加仁湯

冬になると、このような雪山の中に埋もれてしまう宿なんです。

img012.jpg

このお湯が、またいいんですよ~!

硫黄泉で、肌がすべすべしますよ。

雪見風呂、こんなに贅沢なものはないと、私は思っています(笑)

温泉、行きたいな~。

パリ モンマルトルの丘

  • 2008-01-27 (日)

img007.JPG


パリのモンマルトルの丘にある、サクレクール寺院。

フランシスコ・ザビエルが日本をはじめ東洋でキリスト教の布教活動をするために、イエズス会を結成したが、その会の誕生したのがこのモンマルトルの丘であるといわれています。

ここの周りには、似顔絵を書いてくれる絵描きがたくさんいました。

なぜかと、動向したくれた友人に訪ねると、19世紀から20世紀初めには、ユトリロやピカソなど多くの芸術家が、このモンマルトルの丘に住んでいたんだそうです。

今も多くの芸術家が住み、芸術の丘となっています。

路地にはいると、そんな佇まいがします。

img008.JPG

ここは、パリで一番高い丘。

パリを一望できます。

もし、パリに行かれることがあったら、ぜひ行かれて見てください。


望郷のバルセロナ

  • 2008-01-14 (月)

%E7%94%BB%E5%83%8F%20098.JPG

バルセロナにある、ガウディの作品 カサ・ミラの屋上。

戦士の像のようなオブジェが並びます。

インスパイアとインスピレーションと、感動。

私にとって、とても大切な街、バルセロナ。

いつか、また行きたい。

望郷の地です。

Home >

Search
Feeds

Page Top