Home > 極みの食材 > お店の様子

お店の様子 Archive

一年を終えて

高島屋カード 美食百花に、和味りんが掲載されました。

こちらを→クリック
どうぞ、ご覧ください。

和味りんFACEBOOK→クリック


1012855_231196030395065_1691469102_n.jpg

大晦日、31日2時から、お節料理の詰め込み作業をはじめました。


933947_231196040395064_392282771_n.jpg

昨年とは、スタッフが代わり、初のおせち料理。

段取りよく、スムーズに、準備が進みました。

1520704_231196140395054_951815453_n.jpg

2104年 お節料理のお献立。

京都 佐伯さんの無農薬京野菜、南房総 舟藤さん、
長崎 まる井商店さん、富山 氷見 岩藤さん等、
産地よりの食材をふんだんに使いました。

1502477_231196087061726_1945636642_n.jpg

一の重を飾るのは、南房総の伊勢海老。

今年は、産地偽装問題の影響で、国産伊勢えびの
値段が過去最高の値段がつきました。

当店では、オープン当時から、お付き合いいただいている
舟藤さんが、安価のときに急速冷凍した伊勢えびを、
取っておいてくれました。

そのため、今回のお節に使うことができました。

一の重は、「吹き寄せ」に盛り、この中には、
長崎 まる井商店さんから送ってもらった、煮アワビ、地蛸桜煮。

野菜の煮物は、佐伯さんの無農薬京野菜、石川県の加賀レンコンと、
魚介に引けと取らない。

煮物は、野菜の持つパワーが、要。

特に海老芋は、甘みが強いです。

ひとつひとつ、にしん昆布を干瓢で結び、
ゆっくり炊きました。

1483227_231196120395056_640655129_n.jpg

二の重は、仕込みが要の御重。

黒豆は、ゆっくり時間をかけて、
錦玉子は、ゆで卵を、白身と黄身にわけ、
それぞれ裏ごしし、味をつけ、蒸し上げます。

栗きんとん、きんとんは佐伯さんの無農薬の薩摩芋を
蜜焚きし、裏ごし、練り上げる。

金柑蜜煮、金柑をひとつづつ、種を抜いて、
炊き上げます。

根気が要る作業です。

カラスミ、

二の重は、スタッフの影の努力が魅力の御重です。

焼き魚は、氷見の横縞さわら、北海道の時鮭と
旨みが強い食材です。

isetan%20oseti.JPG

本年も昨年度に続き、伊勢丹 新宿店 31日限定お節を、
お出しいたしました。

長崎 まる井商店さんのウチワ海老を中心にお造りいたしました。

1507024_230940663753935_1553968844_n.jpg

15時くらいに、販売状況が気になり、伊勢丹新宿店さんへ、
見に行きました。


946966_230940677087267_1264449958_n.jpg

完売!よかった~(^^)

ほっと、いたしました。

また、来年もお出しできるよう、精進していきたいです。

今年一年、スタッフが代わり、当初は、お客様にご迷惑を
おかけいたしました。

1年スパンで、皆それぞれが、日々努力し、
12月は、連日、多くのお客様にお越しいただきました。

そして、おせち料理も、満足できるお料理を作ることができました。

また、来年も新たなる目標を立て、お客様にご満足いただけるよう、
精進してまいります。

南房総 舟藤さん、京都 佐伯さん、長崎 まる井商店さん、
富山 氷見 岩藤さん、お世話になりました。

来年もよろしくお願いいたします。

それでは、よいお年をお迎えください。

花園神社 酉の市の準備が始まりました

Image272.jpg

和味りんのすぐとなりは、新宿 花園神社です。

今年も、酉の市の日が着々と近づいてきました。

今年の一の酉は、11月8日、
二の酉は、11月20日です。

酉の市が終わると、あっという間に、師走。

毎年恒例だなぁ~。

酉の市の準備が始まると、なんだかわくわくします。

準備の進み具合は、その都度、更新しますね~。

お楽しみに。


IMGP0526.JPG

本日のおすすめは、長崎の赤ムツです。

焼き物、煮付けでおすすめ致します。

私からのおすすめは、やはり塩焼き。

脂がよくのった、ノドグロの味を堪能するなら、
シンプルな調理法がよろしいかと。

その他おすすめは、長崎の大紋ハタは、昆布締めにしております。

ハタの食感と昆布の香りが、なかなか合います。

本日も、宜しくお願いいたしますm(__)m

営業許可の更新

開店して、7年も経つと、そろそろ営業許可の更新が。

そう思っていたら、今月に更新の葉書が届きました。

更新には、衛生責任者の手帳が必要。

滅多に使わないものなので、どこにしまったのやらで、
探すのが一苦労(笑)

あってよかった!!!

台風が近づいてきていますね~。

東京は、今日の夜がすごいみたいです。

早めに買い物してこよっと。

9月22日 七周年記念イベント

今日から、九月。

暑かった夏も、そろそろ終わるのかなぁ?

今日は、雲があるので、日差しも強くなく、過ごしやすさに、ホッと。

暑さのあまり、朝方に起きてしまう、夏の寝不足。

ゆっくり寝れる日も近いかなぁ???

話は代わり、九月は、和味りんにとって、
特別な月でもあります。

九月二十日で、開店 七周年を迎えます。

七周年...、早いような長いような。

明日は、もう少し進化させようと、
積み重ねた料理への探求。

その一日一日を考えると、七年の積み重ねた年月は、
料理、店造り、お客様、私にとって、大切な経験。

お客様や、仕入れ先の人々に成長させてもらい、
ここまでこれた気がします。

私は、一日半歩でも、前に進みたいと思い、
仕事に取り組んでおります。

たまには、それが足枷になり、悩む事も。

喜び、後悔を繰り返しながら、
七周年を境に初心に戻り、また新たに進みたいと思います。

よろしくお願いします。

七周年記念といたしまして、九月二十二日

岐阜の三千櫻酒造さんをお迎えして、
「三千櫻と料理を楽しむ会」を行います。

時間は、夕方からを考えておりますが、
まだ決まっておりません。

料理も、産地の仕入れ先と食材の打ち合わせをしてから
決めようと思っております。

参加会費、開始時間は、決定次第、報告いたします。

20120831043358.jpg

本日のおすすめは、長崎の黒ムツです。

四㌔と、なかなかの大きさがあります。

台風が去ったあとの、四㌔の黒ムツは、
なかなか貴重かもしれません。

お造り、焼き物でお出しいたします。

内装工事

IMGP0350.JPG

今日は、朝から内装工事を行っております。

天井の竹の掃除をしたり、冷蔵庫を入れ替えたり、
壁を塗ったりと、和味りんも、9月20日で、丸7年。

いろいろとメンテナンスが必要です。

昨日の閉店後に、みんなで竹の掃除をしたのですが、
七年の汚れにびっくり(@_@)

カウンター席の方の竹、きれいになりました。

これで、また気持ちが入れ替えれます。

それと、今週 木曜 21時

テレビ東京 和風総本家にて、
当店が放送されます。

みなさん、ぜひ、ご覧になってくださいね(^o^)/

僕、真面目な顔して映っていると思います(笑)

内装工事次第で、明日のランチの営業は、
お休みするかもしれません。

宜しくお願いいたしますm(__)m

三月は、移動の季節

今日のお昼、大荒れの天気にも関わらず、
多くのお客様に来て頂きましたm(__)m

ありがとうございます。

あるお客様ですが、会社が新宿から丸の内に
移転される方がいて、四月から移転してまうとのことで、
今日のお昼にお食事がてら、わざわざ挨拶に来て下さいました。

平日のお昼によく来て頂いていて、
土曜日のお休みなのに、わざわざ、当店に足を運んで
くれたようです。

忙しくて、バタバタしていたので、あまりお話ができなかったのですが、
「また、七月くらいに、夜、宴会で使いますね。」

悪天候の中、わざわざ足を運んで、挨拶に来て頂いたこと、
とてもうれしかったです。

また、違うお客様ですが、
近くのデパートにお勤めで、明日から日本橋に移動になるそうで、
「明日で移動なので、最後のランチは、りんでと思って、食べにきました。」

わざわざ、並んでお待ちになっていただき・・・。

明日から頑張ってください!

お昼に、楽しみに食べに来て頂いたお客様たちに、
こんなに思っていただいていたんだっって
とてもうれしく思いました(T_T)

新宿のこの場所で、始めてよかった。

うちのランチは、魚を一枚一枚、丁寧に焼き上げるので、
お待たせすることが、とても多いんです。

それでも、美味しかったって、言っていただける・・・。

四月からも、お昼の営業でも、よりよい食材をお出しできるよう、
精進してまいります。

でも、今日の嵐には参った(>_<)

月曜日は、水揚げがとても少ないだろうな~。

20120331044434.jpg

長崎より入荷は、箱海老です。

今回の箱海老、かなり大きいらしいです。

限定2匹の入荷です。


20120331070811.jpg

イサキが入荷しました。

長崎のイサキ、すばらしくよいです。

多分、身が活きている状態でくると思うので、
薄造りにできると思います。

20120331070204.jpg

最後は、八代貝(やつしろかい)の仲間たち。

お刺身でお出しいたします。

焼いても、よさそうかも???

三月最終日、皆様のお越しをお待ちしておりますm(__)m

深夜の障子張り替え

01571.JPG

「やっちゃえ~(笑)」

なんだか、子供のころを思い出しますね~。

障子破いて、お婆さんに怒られたな~。

個室の障子が、所々、汚れていたので、
閉店後に、障子の張り替えをしました。

01569.JPG


最初は、順調にヤブッてこんな感じ(笑)

ここからが大変な作業に。

古い障子の張り残しを取るのが、なかなか大変。

DSC01573.JPG

二人で作業していたのですが、張り替え終わったのが、
なんと深夜2時!!!いやぁ、ぐったりです。

DSC01576.JPG

でも、やっと障子の張り替えが出来たので、すっきりしました。

なかなか店のメンテナンスに手が廻らないので、やれるときには。

でも、やっぱり眠いです(笑)

本日の食材です。

20120217070527.jpg


長崎の活締め釣りアジです。

釣って神経を抜いてあるアジだそうで、
身が活かった状態で入荷すると思います。

長崎の釣りアジは、品質がとてもよいので、
夕方の航空便到着が待ちどおしい!!!

20120217070810.jpg

黒鮑も、入荷です。

品質の割には、仕入れ値がお得。

これは、ぜひ、おすすめいたします。

やはり、黒鮑ステーキですね~。

と、その他いろいろと入荷しているのですが、
本日、満席m(__)mで、仕込みの真っ只中。

うぅ~ん、いつ終わるのだろうか・・・。

土曜日のランチ営業を再開しました。

今まで、お休みしていた、土曜日のランチ営業を
今日から、再開いたしました。

アンちゃんと二人で、営業していたのですが、
多くのお客様にきていただきましたm(__)m

以前から、土曜日のランチにきてくれていたご夫婦、
近くの会社の方々が、来店してくれ、
カウンターで、時化の話しや、魚相場の話し
いろいろなお話をしました。

土曜日のランチ営業を再開して、よかったなぁ~と。

ほっとした、再開初日でした。

土曜日のランチ、普段のランチ営業と違う
展開をしていこうかな~と考えております。

そうだ、なにか試作を作ろうかな?

DSC01522.JPG

ということで、賄いで作ってみました。

2月のお品書きに、
「牡蠣と聖護院かぶの白味噌仕立て」という、
料理をお出ししています。

白味噌ベースに、牡蠣を入れ、牡蠣の風味豊かな
煮物にしてみました。

いわば、和のクラムチャウダーのような。

隠し味に、ある材料を使っているのですが、
それは企業秘密(笑)

スタッフみんなで、試食したときに、
「この中に、麺を入れたら???」

うう~ん、いいねぇ。

今日、生のうどんを茹でて合わせてみると、
こりゃイケる!!

アンちゃんも、とても喜んでいました。

ブラックペッパーをアクセントに、
「牡蠣白味噌仕立てうどん」

調味料は、カツオ出汁、味醂、薄口、白味噌と+アルファ。

もしかしたら、夜のメニューに載せるかも???

賄いとは、いわば試作の味身をする料理。

賄いをいろいろと造ることによって、
新たなる料理へと展開していきます。

賄い料理って、とても大事です。

DSC01525.JPG

ベトナムの留学生のアンちゃんが、面白い食材を持ってきてくれました。

これは、ベトナムの梅干し。

生姜をまぶしたものや、甘めの物など、
日本の梅干しとは、違う、面白い食材でした。

やっぱ、食文化って面白いですね。

20120201071212.jpg

本日のおすすめは、12㌔の天然ブリです。


DSC01517.JPG

体高が厚く、身質がいいです。

釣り物ですので、来週がベストかなぁ~。

今日も、脂が出ていますので、
お造りでいきたいですね。

皆様のお越しをお待ちしておりますm(__)m

明日から、三連休いたしますm(__)m

昨日で、初競りが始り、少しづつ市場が動いてきました。

でも、完全に動き始めるのが、連休明けから。

20111230015728.jpg

連休明けは、多分、どど~んと、魚が市場に
出てくると思います。

この画像は、長崎の去年最後の競り場の様子。

ブリ、カンパチ、ヒラマサと、大きな魚がど~んと、
競りにかけられたそうです。

今週は、全国的に、ご祝儀相場で取引されますが、
来週になれば、落ち着くと思います。

10日は、長崎から送ってもらおうと思います。

和味りん 4日から営業を始めましたが、
明日7日から9日まで、3日間、お休み致しますm(__)m

今回は、温泉に行ってゆっくりしてきます。

温泉行くのって、久しぶりだなぁ~。

何年ぶりだろうか。

また、1年、頑張れるくらい、のんびりしてきます。

本日のおすすめは、インドまぐろ、小樽からキンキ、
房州の寒サワラ等です。

今日は、明日から3連休ということもあり、
ご予約を多くいただいております。

03-3205-7252

へ、お問い合わせくださいm(__)m

宜しくお願いいたします。

新年、明けましておめでとうございます。

Image127.jpg

新年、明けまして、おめでとうございます。

本年も、板長日記、和味りんをよろしくお願いいたします。

画像は、本年の当店の年賀状でございます!

作者は、村上画伯(現在、松本さん)

画伯、快く引き受けてくれました(^^)/

今度、ご飯でも、おごろうかな(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

旧年の3月、私が生まれ、幼少を過ごした、
岩手が、東日本大震災に見舞われました。

そして、福島の福島原発が、崩壊。

メルトダウンと、最悪な状況。

私は正直、こうしてお正月を迎えられるか、
不安でした。

3月の震災以降は、ご予約がほとんどキャンセルになり、
和味りんは、存続できるのだろうかと、正直、悩んでおりました。

でも、震災後、夜の営業で、1組、2組とお客様が来店してくれました。

それが徐々に、3組、4組と・・・。

お客様においでいただけるありがたさを、改めて実感いたしました。

「ここで(震災直後の2週間ほど)、止まるわけにはいかない・・・。
おいでいただける、お客様のためにも、うちのスタッフのためにも」

昨年で、和味りんも私も、大きく成長したように思います。

仕事に心底打ち込める、私にとってこれほど、うれしいことはありません。

2011-12-31_13.33.32.jpg

本年のおせち料理。

今回は、新しい仕入れ先、長崎 まるい商店さんの長崎の食材を
ふんだんに使ってみました。

京都 佐伯さんの京野菜と、もちろんすべて、私が監修しております。

よい食材を、産地の方々は、思いを込めて、
和味りんに送ってくれます。

大切な食材、私は妥協したくありません。

小樽 川島鮮魚さん、南房総 舟藤さん、
京都 佐伯さん、長崎 まるい商店さん、
今年も、和味りんをよろしくお願いします。

現状に満足することなく、本年も、私は進化し続けたい・・・。

和味りんの発展のため、精進してまいります。

本年もよろしくお願いいたします。

お節料理 献立の大詰め 設計図作り

Image0812.jpg

先週は、長崎から1泊2日の強行スケジュールで、
店に直行して営業と、なかなかハードな1週間でした。

しかし、長崎 まるい商店さんという、
産地直送先が、新たに仕入れ先に加わったので、
これからどんどん、魅力的な食材が届きます!

ご期待ください。

産直 長崎の旅は、近日更新しますm(__)m

今日は、いろいろな料理の本を引っ張り出して、
おせち料理の設計図作りをしております。

毎年、おせち料理は、一年の集大成の料理として、
取り組んでおります。

食材も一切妥協せず、産地のみなさんに、
協力をしてもらっております。

おせち料理は、お客様が新年を迎える、
大切な料理。

その料理をご家族で囲み、喜びの笑顔が
出てくれればと。

毎年、そう思って、お節に取り組んでおります。

一度買っていただくと、毎年、購入いただいている
常連さんも。

ご期待に添えるお節料理を。

今年のお節の販売価格も、産地のみなさんの
ご協力で28000円で、設定いたしました。

震災の傷あとは、水産資源にも大打撃。

食材がほぼ集まりそうで、安堵しております。

Image0822.jpg


これは、私の師匠から、いただいた、
三十数年前の、親方の手書きの料理の献立のコピー。

料理の献立に詰まったとき、何か新しい展開で、
料理を模索するときに、この教材に目を通します。

今はもう、親方に教われない部分を、この教材で、
教えを乞う。

大切な資料です。

Image0832.jpg

中には、こういった資料も。

三木総理、中曽根総理時代だって、
おやっさん(親方の意味)、言ってたなぁ。

厳しくも優しい、親方。

親方に出会わなかったら、今の自分はいないなぁ。

いつか、お会いしたい。

新たなる食材を求めて・・・

昨日で、酉の市が終わり、一気に年末へ。

年末の一大行事、お節の食材の準備が、
始まりました。

本年のお節には、メインといて、
ウチワエビを使いました。

お客様から、ウチワエビが大好評で、
「とってもおいしかった」と、喜んで
いただけました。

去年は、下関から仕入れていましたが、
諸事情で、新たなる仕入れ先を見つけざるを
得ない状況で、実は、半年前からずっと、
リサーチをしていました。

それが、昨日、急展開に!(^^)!

来週の日曜日、急きょ、長崎の
市場を見に行くことになりました。

和味りん 7年目に入り、産地直送
初の九州の仕入れ先を探しにいって参ります。

ウチワエビ、天然クエ、ハタ、天然真鯛と
魅力的な食材が豊富の長崎市場。

長崎市でも、かなり大きな仲買い
「まるい商店さん」に、会いに行ってきます。

久しぶりの産直の旅(といっても、1泊2日の
強行スケジュール\(◎o◎)/!)

5日の月曜の夜の営業に、長崎市場で仕入れた
食材を使います!

5日の月曜、楽しみに待っていてくださいね~!!!

携帯式の小さなPCを持っていくので、
4日も随時更新できるかも???

初の長崎に、今から期待大でございます。

新しい食材との出会い・・・、料理人にとって、
これほど楽しいことはありません。

そして、どのようなところで水揚げされた魚なのか、
そのことを知るのも重要だと考えております。

今年の残りわずか、一気に走り続けます♪


初めてのご注文

DSC01604.JPG

こちらは、愛媛の1キロの天然真鯛です。

鯛と言えば、お祝い事に使う魚です。

オープン当初から来店されている
近所のお住まいのお客様が、
この度、お子様が生まれたとのことで、
鯛の尾頭付きを焼いてほしいとのこと。

喜んで、ご注文を受けました。

DSC01606.JPG

どど~んと、1キロの天然真鯛を塩焼きに。

ここまで大きいと、焼き目を気にしながら、
じっくり焼いていきます。

結構時間がかかりました(^^ゞ

なにせ、お祝い事の鯛。

きれいに上げることに、集中(@_@)


DSC01608.JPG

仕上がりは、このような感じになりました!

喜んでいただけたかなぁ~。

なにか、こういったお祝い事に使って
いただける・・・。

大変、ありがたいことだと思っております。

当店も7年目に入り、地域の方、近くの会社にお勤めの方々から、
お祝いごと お節料理の問い合わせをいただいたりしております。

地域に根付くこと。

私は、これほど大切は事はないと思っています。

お客様からのご愛顧があってこそ、店は成り立ちます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

十一月七日に、男の子が生まれたそうです。

ご出産、おめでとうございます。

健やかなご成長をお祈りいたします。

本日も、元気に営業しております!

雨脚が強いですが、寒ブリや、戻りカツオなど、
おすすめの素材をご用意しております。

皆様のお越しをお待ちしておりますm(__)m

唐墨の仕込みが進んでいます♪

DSC01569.JPG

カラスミ。

唐(中国)の墨というところから、
名がついた唐墨。

唐墨というと、長崎が有名ですね。

このボラ子は、佐世保で水揚げされた、
ボラから取った卵です。

今年の唐墨、大きいのがたくさんありますよ~。

小さめから大きいものまで、揃えております‼

DSC01572.JPG

ボラの卵、このように薄皮に傷がついているときがあります。

このままですと、きれいに乾燥できません。

ということで、ちょっと面白い方法で、薄皮を
修正します。


DSC01571.JPG

実は、光り物(今回は、サバを使いました。)の薄皮を
使うんです。

DSC01575.JPG

このように、傷がついたところに、
鯖の薄皮を張りつけます。

いわば、人工皮膚のような感じ???

鯖の皮をつけ、乾燥させて仕上げます。

こういった修正をした唐墨は、きれいに仕上がった
唐墨より、安めに販売しています。

常連さんで、傷ありが欲しいなんて方も(笑)

この方法は、仕入れ先 舟藤さんの社長から
教わりました。

魚を扱うスペシャリスト、さすが、いろいろと
よく知っています。

今日あたりから、お品書きにも「カラスミ」を載せようかと、
思っております。

DSC01593.JPG

本日のおすすめは、気仙沼の戻りカツオです。

約五キロの大きなカツオ‼

脂がよくのっております。

晩秋のカツオの脂。

いい感じで、ノッておりますよ~。

脂がのっていると言えば、昨日入荷した、
石川の寒サワラ!

お薦めなのが、「寒サワラの焼き霜造り」

いわば、サワラのたたきです。

皮目に多く脂がのっているので、
皮を焼き、そのまま焼き霜造りに。

日本酒によく合う、お造りです。

お席も空いておりますので、お時間ございましたら、
ぜひ、お立ち寄りください。

皆様のお越しをお待ちしておりますm(__)m

10月30日の店内

2011-10-31_231309.jpg

ハローウィンの和味りんは、こんな感じでした。

かわいいでしょ(笑)

製作者は、お花をいけてもらっている、
宮城先生。

公私共にお世話になっています。

このかぼちゃのキャンドルスタンドが、
各組のお客様のもとに。

エントランス、トイレもかぼちゃだらけ)^o^(

中には、持って帰る方も。

来年は、かぼちゃ料理の前菜を出そうかなぁ~。


唐墨(からすみ)の仕込みを始めました!

DSC01404.JPG

いつの間にやら、16時近くに・・・(>_<)

今年、初仕込みのボラの卵、唐墨を仕込んでおりました。

血栓を抜く作業が、手間がかかります。

でも、これを惜しんでいては、よい唐墨は作れません。

今回の原材料の産地は、オーストラリア。

日本近海のボラ子は、ちらほら出ているのですが、
まだ小さく、型がよいオーストラリア産を選びました。

常連さんから、年末のお使い物にと、予約が入っておりますので、
今年はたくさん作りますよ~!

僕が作る唐墨は、半年、一年と熟成させると、また風味が増します。

1年半置くと、これまた、びっくり(^.^)

お正月用、半年後用、一年後用と、3腹おすすめします(笑)

今回の唐墨が出来上がる最短は、10日後あたりでしょうか???

お楽しみに!!!

本日のおすすめは、気仙沼 戻りガツオ、房州 紅葉鯛、
長崎 しめ鯖等!

皆様のお越しをお待ちしておりますm(__)m

本日で、和味りん 6周年です!

DSC01340.JPG

本日で、和味りん 6周年を迎えました。

これも、お客様あってのこと。

スタッフ一同、心よりお礼申し上げますm(__)m

本日は、こちらの三千櫻さんの樽酒を、
日頃の感謝をこめて、振舞わせていただきます。

でも、ご予約を多くいただいておりますので、
お時間によっては、ご案内できるかもしれません。

03-3205-7252へ、お電話お待ちしております。

Image007.jpg

今朝は、築地に行ってきました。

台風の影響で、魚種が少なく、かなり歩き回りました(>_<)

でも、今日は6周年!

気合いを入れて、仕入れに全力投球。

今朝の築地、すごい湿気で、きつかったなぁ~。

じめ~っとした暑さ。

Image009.jpg

本日の仕入れ状況は、こちらは、
鳥取の天然ウナギ!

700gサイズで、なかなかの大きさ!!

もちろん、白焼きでお出しします。

その他は、青森の天然ヒラメ!

身が厚くバッチリ!!

関サバ、気仙沼の戻りカツオ、福岡の鰆!

今日は、鰆の焼き物は、ゴルゴンゾーラソース仕立てを
お出しします!

さぁて、仕込みに戻ります。

久しぶりの看板

DSC01337.JPG

さぁ、この看板、誰が書いたか、わかります???

秋刀魚と紅葉、でも、色彩が面白いかも!(^^)!

20日の6周年に関しまして

今月20日で、当店は6周年を迎えます。

何かイベントをと考えておりましたが、
三千櫻さんのお酒を樽に詰めてもらい、振る舞い酒に
することにいたしました。

今までは酒蔵をお呼びしてのイベントをしておりましたが、
6周年は普段通りお迎えしようと、稲葉君とも話し合い、
そういたしました。

でも、料理は、その日限りのイタリアン和食っぽい
料理を単品か、コースか??

まだ、どちらか決めておりませんm(__)m

お時間ございましたら、ぜひ、お越しください。


DSC01297.JPG

台風の影響で、食材が少ない中、なんとか集まりました。

こちらは、豊後水道 佐賀関の関アジ。


DSC01299.JPG

こちらは、気仙沼の戻りカツオ。

DSC01301.JPG

小樽のA台つぶ貝が、揃いました。

それぞれお造りでお出しいたします。

台風も現在、北海道方面へ。

今朝、川嶋さんと連絡をしたところ、
やはり大時化で水揚げなし。

これだけ遅い台風ですと全国的に
海が時化、仕入れで頭が痛~い日が続きます(T_T)

和味りん 9月20日で6周年になります。

早いもので、和味りんも来月の20日で、
6周年を迎えます。

いやぁ~、早~い!!

でも、確実に年齢はとっております(笑)

私も38歳になりました。

和味りん、ここまで来れたのも、
お客様あってのもの。

常連さんたちに支えられ、なんとか
ここまで来れました。

本当にありがとうございます。

20日は、なにか企画をと思っております。

でも、まだ全然決まっておりません。

はぁ~~~、どうしようかと、今日も考えておりました。

実は、岩手 宮古の菱屋酒造さんの蔵から、
水没していた日本酒のタンクが発見され、
なんと!!!中身の日本酒は無事だったぁ~~~!!!

「千両 男山 奇跡の酒」という、銘柄で、
販売されることに。

はい!私、唐木屋さんにお願いして、
20本ストックしてもらいました!

このお酒をメインに、イベントをやろうかと、
検討中!

20日をお楽しみに。

さぁ、これから練り直すぞ~!

和味りん 夏休みに関しまして

今年の市場の休みが、14,15,16,17日と
4連休なんです。

市場がお休みですと、そう!

肝心要の食材が手に入りません(>_<)

ということで・・・、お休みをいただきます!

14~17日を予定しておりましたが、
13日の土曜日、現在、ご予約が入っていないので、
思い切って!!!

13日~17日までの5日間、
お休みをいただきますm(__)m

13日は、お店はお休みし、大掃除を
しようと思っております。

お店を閉めてでなければ、掃除できない場所って、
意外と多いのです!

13日は、鍋を磨いたり、いろいろとやろうかな~。

夏休み前の営業は、本日と、明日でございます!

和味りん、5連休って今までしたころあったっけな???

多分、初めてだと思います。

去年の夏休み前の土曜日のデータを見て、
判断し、13日の土曜日をお休みとさせていただきました。

食材を仕入れても、残ってしまっては、もったいないですので。

さぁ、今日、明日の営業!

頑張ってまいります(^o^)/


DSC01212.JPG

さぁ、これは何を焚いているでしょうか???


DSC01215.JPG

正解は、鴨ロースです。

今、煮物の冷菜として、「合鴨ロース煮」
をお品書きに載せております。

鴨ロースは、火入れが難しい料理。

中がピンクに上がっていないと、
だめなんです。

この火力で、何分返して何分という、
経験からくる、火入れ時間があります。

教えてほしいって???

はい、それではうちでバイトしてください(笑)


1DSC01219.JPG

北海道直送!

根室のキンキです。

ここのところ、キンキが人気がありまして、
常に仕入れております。

こう暑いと、みなさん、煮付けが食べたくなるようで、
「キンキの煮付け」を頼まれる方が多いです。

でも、僕は、塩焼きをおすすめしています。

キンキって、皮がとても美味しい魚。

皮目をパリッと焼いて、身はふっくらジューシー!

日本酒や、白ワインとの相性も抜群!!!


1DSC01221.JPG

今日の白身魚は、房州のコチです。

身はお造り、骨は・・・。

コチの骨からも、よい出汁がでるんです。

確か、以前、瀬戸内に行ったとき、
食堂のお味噌汁のアラ汁の中に、
小さなコチが入っていたな~。

今日は、コチでも出汁をとっておこうかな。

受け継がれる村上さんの看板

村上さんが退職し、1か月近くが経ちました。

新体制で動いてきて、黒板のことが後回しになって
いました。

昨日、稲葉君がなにげなく、黒板を書いていたのです。

DSC01196.JPG


それを見ていた、アンちゃんが、
稲葉君の画を修正したり・・・。

えぇ~っ!アンちゃん画が描けるの~???

「はい、書けますよ♪」

と、そんな話をしていたら、
アルバイトの男の子、山崎君が、

「題材があれば、僕も書けます。
画描くのが、好きなんです♪」

えぇ~!!山ちゃんも描けるんだ~!!!

山ちゃんとは、もう2年ぐらいアルバイトを
してくれているのだけれども、初耳(*^^)v

稲葉君、山崎君、アンちゃんの3人で、
黒板描きになりそうです。

村上さんが描いてきた黒板「村上作品」

お客様に愛されていましたので、前のような
毎日黒板が変わるのは、難しいですが、
引き継がれることになりました。

僕は、ばったく絵心がないので、
恥ずかしながら、描けません。

僕は、この板長日記を更新する方に、
力を注いでいきます。

「板長日記」をご覧になって、来店される方が
多くなってきています。

ありがたいことです。

昨日も、大阪に転勤された、常連さんが来てくれ
「いつも、板長日記見ているよ!これ食いたいな~とか、
仕事の合間にチェックしているんだよ。」

とてもうれしいです!!

毎日更新頑張ってまいります

新しい、和味りん

今週から、新しい布陣で、お客様をお迎えしている
和味りん。

ホールスタッフが、二人増えました。

夜のホールをお願いしている、輪島さん。

彼女は、能登の出身で、幸寿司さんの事も、
行ったことはないけど、知っており、「これも、なんだか縁だなぁ~」と。

同級生は、漁師をしているそう!!

うぉ~!!!これは???

新しい仕入れ先(笑)

なんて、夢を膨らませている私でございます(笑)

あと、もう一人は、ベトナムからの留学生 アンちゃんです。

彼女は、お昼をメインに働いてもらっています。

アンちゃんは、ハノイ出身で、ハノイ貿易大学を卒業後、
日本に留学。

英語、日本語、母国語と、3カ語を話す才女。

今まで、英語を話せるスタッフがいなかったので、
これで助かる~(笑)

スタッフが変り、バタバタとしております。

ご迷惑をおかけすると思いますが、
宜しくお願いいたします。

110713_123257.jpg

本日のおすすめは、淡路の鱧。

7月は祇園祭りの季節。

となると、はい、そうです。

鱧の相場が上がっております(T_T)

頼みは、舟藤さんの社長の競りの腕にかかっております!

社長、お願いしますよ~!!!


110713_123408.jpg

こちらは、房州の石カレイです。

あまりにも、身がよかったので、
仕入れてみました。

さっぱりと薄造りですね。

大切なお知らせ

今日は、大切なお知らせがあります。

和味りん、オープンから頑張ってくれていた、
村上さん(現在、松本さん)が、7月9日で、
退職することになりました。

村上さんも結婚をし、新しい人生がスタート。

主婦として、頑張るようで~す。

村上さんと初めて出会ったときのことが、
走馬灯のように思い出されます。

朝まで飲んだことや、2丁目でカラオケをしたこと、
思い出がたくさんあります。

和味りんが、ここまで成長できたのも、
よきスタッフが頑張ってくれたからです。

稲葉君、村上さん、私と3人が揃っている日は、
あと数日・・・。

正直、とても寂しいですが、快く送り出したいと思います。

となると、新しいスタッフは???

ハイ!!幅広く、募集しております!

女将さんをやってみた~い方、
接客の仕事がしてみたい方。

それと、未経験だが、料理の道を志したいという方。

和味りんのスタッフとして、働きませんか?

03-3205-7252 芳賀まで、お電話ください。

ご連絡、お待ちしております!!!

ありがとうございますm(__)m

先週も多くのお客様にお越しいただき、
ありがとうございましたm(__)m

皆様から、「美味しかったよ」と言っていただき、
これほどうれしいことは、ありません。

もっと、このブログを通して、いろいろな情報を
発信したいと思っておるのですが、
お客様に満足いただける料理をお出しするため、
十分に仕込みの時間をとっており、
ブログの更新が大幅に遅れてしまっていますm(__)m

でも、実はまだ仕込みの時間が足りないくらいです。

朝一で、仕入れ状況を、なんとか載せたいな~と
思っておるのですが、難しいですね~。

毎日、これが出来たら、僕の影武者がいると
思って下さい(笑)

このブログは、僕が毎日書いております。

開店前から、毎日コツコツと・・・。

仕事って、そうなのかもしれません。

日々、毎日、コツコツと、一つ一つ積み上げていく
ことのような気がします。

ここのところ、腰痛がひどく、走っていないんです(T_T)

悲しいなぁ~。

もうちょっとで治りそうなんですけどね~。

無理は禁物!でも、走りたいなぁ~。

仕出し、無事終わりました。

110625_114458.jpg

携帯カメラで急いで撮ったので、画像が悪くすみませんm(__)m

お昼渡しの、松花堂弁当のご予約があったので、
スタッフ、皆、早出で制作!

お疲れ様でした。

そのため、今日のお昼の営業はお休みしましたm(__)m

水曜から、少しづつ仕込みを始め、
木・金と大詰めの仕込み。

営業後に仕込みをしなければ、間に合わなかったので、
今週は、寝不足です(笑)

でも、お客様が喜んでいただければ、頑張ってよかった!

今日も、ご予約で満席となっておりまして、
仕込みも急ピッチで行っております。

ご予約、ありがとうございますm(__)m

今週も今日で終わり。

さぁ、頑張るぞ~!


DSC01066.JPG

本日のおすすめは、
根室のキンキ(焼き物or煮付け)、房州のコチと石鯛です。

淡路の鱧、昨日入荷の阿寒湖ヒメマス等、おすすめがいろいろと。

本日も、宜しくお願いいたします。

さぁ、この人は誰でしょう?

DSC01027.JPG

昨日、片付けが終わり、着替えていたら、
なにやら厨房に立つ、このお方。

さぁ、この人は誰でしょう???

年一回の風物詩、小樽 川嶋店長 東京一人旅。

一昨日、川嶋店長が東京に来ているという情報が。

慌てて、携帯に電話すると、
「うん、さっき着いた。明日行くから、宿取って。」

でました~(笑)

飛行機だけは決めてきて、後は行き当たりばったりの、
一人旅なんです。

昨日は、いろいろ語り合いました。

川嶋店長は、僕より2つ年上。

オープン以来、ずっと続いている仕入れ先です。

足かけ7年。あっという間のようだけど、
よいときも、悪い時も、仕入れを支えてくれました。

ありがとうございます。

これからも、宜しくお願いしますm(__)m


DSC01029.JPG

梅雨・・・、雨が続き、なんだか憂鬱な気分になりますが、
梅雨の雨を飲み、脂が増すと言われている食材があります。

大イサキと鱧(ハモ)です。

梅雨時期のの大イサキは、最も脂がのり、
昨日、800gのイサキの片身を、川嶋さんに焼いて出したら、
一人でぺロリ(笑)

脂がよくのっていたので、多分、満足してくれたと
思います。

鱧は、京都 祇園祭りの7月がもっともよしとされ、
今からが脂がのってくる時期だそうです。

今日も鱧も、なかなか良いものが手に入りました。

最近、お出ししている鱧料理は、鱧をさっと両面あぶり、
焼き霜造りにしてお出ししています。

その焼き霜した鱧を、「煎り酒」をつけて、
召し上がっていただいております。

梅の香りが鱧と良く合い、淡い鱧の味を引き立てます。

ぜひ、おすすめしたい料理です。

DSC01031.JPG

今、もっとも脂がのっている魚と言っても過言ではない、
南房総の金目鯛。


DSC01034.JPG

見て下さい!見事なサシが入っていますでしょう!

脂がばっちりノッていますよ~!!!

焼きもよし、煮てもよし、やはりお造りが
おすすめです。

金目は皮目に脂がのっています。

当店では、「湯霜造り」にしてお出ししておりますので、
ぜひお召し上がりください。

本日、カウンター席が空いております!

ぜひ、ご利用お待ちしておりますm(__)m

営業時間変更のお願い

いつも、板長日記をご覧いただき、ありがとうございます。

約6年、夜の営業 17時~23時で営業してまいりましたが、
17時半~22時半(ラストオーダー22時)に変更させていただきますm(__)m

もっと料理に手間をかけたく、和味りんが成長していくためにも、
必要と判断いたしました。

営業時間変更を考えるのは、正直、苦渋の決断でしたが、
スタッフみんなで話し合い、決めさせていただきました。

6月13日(月)から、ランチ営業11時半~13時45分(看板)

            夜の営業17時半~22時半(22時ラストオーダー)

と、決めさせていただきますm(__)m

ご迷惑、ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

DSC00978.JPG

淡路の鱧です。

6月も中旬に近づき、いよいよ鱧の脂がのってまいりました。

当店では、鱧の出汁でいただく、「鱧のしゃぶしゃぶ」で
おすすめしております。

味の決め手の鱧の出汁は、4~5匹分の骨やアラから
じっくりと取ります。

大鍋で3分の1ぐらいになるまで、凝縮させ
鱧の風味豊かに仕上げております。

あと、もうひとつ決めてがあります。

それは、「新玉ねぎ」のスライス。

鱧の出汁と、玉ねぎの甘みが調和して、
なんとも言えない味わいになります。

新玉ねぎと、鱧の出汁と一緒に、
しゃぶしゃぶした鱧をいただく。

夏の鍋も、よいものですよ♪


DSC00981.JPG

愛知の生とり貝です。

今年の生とり貝は、身が厚く品質がよいです。

甘味も強く、ばっちりです。

その他おすすめは、甘鯛の昆布締め、小樽の塩水ウニと、蝦蛄、
根室のキンキなどいろいろ。

本日も17時半より、開店させていただきますm(__)m

皆様のお越しをお待ちしておりますm(__)m

伝統の仕事

おとなの週末に、掲載されました。

こちらを→クリック!


三連休の中日、みなさんはどうお過ごしですか?

雪が積もる予想でしたが、新宿は、積りませんでした。

関東でも山間部に近いところは、積ったのでしょうね~。

「雪やこんこん」といえば、”犬は喜び、庭駆け回り、
猫はこたつで丸くなる”

110125_2211151.jpg

うちのふぅたは、”電気カーペットと毛布で、
丸くなる~♪”

今日も出勤途中、寒空の中、トイプードルが
楽しそうに散歩する姿を見ると、
「うちの犬、本当に犬なんだろうか(笑)」

猫だったりして(笑)

DSC00203.JPG

こちらは、紀州の南香梅です。

日本に古くから伝わる食材。

これを使って調味料を作ります。

DSC00209.JPG

日本酒を煮切り、梅干しを入れて、
コトコトと煮詰めていきます。

DSC00211.JPG

梅の色でほのか色着いたら、完成。

約4割~5割ほど、詰めました。

これは、江戸時代から作られている、
「煎り酒」と言います。

梅の香りを日本酒に出し、煮詰めた日本酒の
ほのかな甘みが、よき塩梅を作ります。

DSC00214.JPG

こういった昆布締めの調味タレにいたします。

昆布締めの昆布の風味を損なわなく、
上品な味わいが楽しめます。

白身魚を昆布締めしておりますので、
今日はぜひ、「煎り酒」でおすすめいたします。

DSC00219.JPG

こちらも古くから伝わる調理法です。

鱈の白子を、焼酎で洗い、焼いたニンニク、
生姜、濃い口醤油と焼酎、お酢を合わせた地に漬けます。

保存が何カ月もできる保存食材。

まだ、浸かりは甘いですが、
日本酒の肴には、あいますよ~。

伝統の調理法は、和食の基礎。

フレッシュなものも大事ですが、
仕込んで、熟成させお出しする料理も重要です。

今年は、古くから伝わる料理を
いろいろとやっていきたいと思います。

多分、メニューには載せないと思いますので、
お声をかけてください。

伝統の仕事

おとなの週末に、掲載されました。

こちらを→クリック!


三連休の中日、みなさんはどうお過ごしですか?

雪が積もる予想でしたが、新宿は、積りませんでした。

関東でも山間部に近いところは、積ったのでしょうね~。

「雪やこんこん」といえば、”犬は喜び、庭駆け回り、
猫はこたつで丸くなる”

110125_2211151.jpg

うちのふぅたは、”電気カーペットと毛布で、
丸くなる~♪”

今日も出勤途中、寒空の中、トイプードルが
楽しそうに散歩する姿を見ると、
「うちの犬、本当に犬なんだろうか(笑)」

猫だったりして(笑)

DSC00203.JPG

こちらは、紀州の南香梅です。

日本に古くから伝わる食材。

これを使って調味料を作ります。

DSC00209.JPG

日本酒を煮切り、梅干しを入れて、
コトコトと煮詰めていきます。

DSC00211.JPG

梅の色でほのか色着いたら、完成。

約4割~5割ほど、詰めました。

これは、江戸時代から作られている、
「煎り酒」と言います。

梅の香りを日本酒に出し、煮詰めた日本酒の
ほのかな甘みが、よき塩梅を作ります。

DSC00214.JPG

こういった昆布締めの調味タレにいたします。

昆布締めの昆布の風味を損なわなく、
上品な味わいが楽しめます。

白身魚を昆布締めしておりますので、
今日はぜひ、「煎り酒」でおすすめいたします。

DSC00219.JPG

こちらも古くから伝わる調理法です。

鱈の白子を、焼酎で洗い、焼いたニンニク、
生姜、濃い口醤油と焼酎、お酢を合わせた地に漬けます。

保存が何カ月もできる保存食材。

まだ、浸かりは甘いですが、
日本酒の肴には、あいますよ~。

伝統の調理法は、和食の基礎。

フレッシュなものも大事ですが、
仕込んで、熟成させお出しする料理も重要です。

今年は、古くから伝わる料理を
いろいろとやっていきたいと思います。

多分、メニューには載せないと思いますので、
お声をかけてください。

書道教室

おとなの週末に、掲載されました。

こちらを→クリック!

0003DSC01794.JPG

稲葉君、村上先生に書道を習っております(笑)

なにを隠そう、村上先生は、学生時代は、
書道を志し、中国に旅行にまで行ったそうですよ(^.^)

看板を書く、画伯の顔を持ちながら、
書家の顔を持つ、村上理宇子さん。

私も後で、教えてもらおっと。


0003DSC01792.JPG

本日のおすすめは、
能登 七尾の天然寒ブリです!

去年の猛暑の影響で、ブリの出回る時期も
ずれています。

去年の12月あたりがピークになる能登周辺のブリ漁。

本来ならば、この時期は、福岡周辺で水揚げされるはず
なのですが・・・。

去年の今頃は、下関や福岡周辺で水揚げされた
天然ブリを使っていましたが。

この分だと、春の魚もずれ込んでいくような気がします。

話は戻り、脂ののりが、とてもよく、お造りや焼き物、
ぶりしゃぶしゃぶと、様々な料理に向く身質ですね~。

その他おすすめといえば、去年の10月から仕込みだした
「からすみ」が、熟成してきました。

熟成した日本酒と合わせると、また格別です。

今晩は、当店で一献いかがですか?

暮れのお節料理

DSC01758.JPG

昨年の大晦日のお節料理。

お節は、新しい年を祝うために、最初に召しあがる料理。

常に料理には、神経を使っておりますが、
お節にも、並々ならぬ神経を使います。

ご自宅で食べる料理、お客様がどんな顔をして
召し上がってくれているのだろうか?

実は、お正月休み中、そのことが頭から離れませんでした。

毎年そうなんですが・・・。

今年は、新しく買っていただいたお客様も多く、
「みなさん、どうだっただろうな~」

先週、5日から、今年の営業を始めまして、
お節を買っていただいた常連さんたちが、
いらしてくれました。

「いやぁ、本当においしかったよ!」

「子供が一気に食べちゃうんで、半分、冷蔵庫に
閉まっておいたよ(笑)いつもはお節なんて、見向きもしない
んだけどね。」

「ウチワ海老、大好評だったよ。」

「田作り、黒豆、きんとんの味が買ってたべるものと
全然違う!よかったよ。」

「サワラの西京焼きが、特によかった!」

など、たくさんのお褒めの言葉をいただきました。

なによりも、ほっといたしました。

みなさん、元旦は笑顔で迎えていただいたんだ。

よかった~。

お節料理って、普段の積み重ねが味にでる料理なんです。

例えば、田作りですが、砂糖と醤油の塩梅をどうもっていくかが、
この料理のカギ。

普段はどこでそれをしているか?

それは、魚の煮つけです。

お酒、砂糖、醤油の3つの調味料で作る料理ですので、
シンプルですが甘過ぎてもだめだし、醤油がきつすぎても
だめです。そして、薄すぎても、味がのりません。

田作りも調味料を煮詰めて、タレをつくります。

そこにゴマメを入れ、味のバランスを見ながら、
一気に詰めていきます。

醤油がですぎたら、失敗。

細心の注意が、煮詰める瞬間にかかっています。

など、お節料理は普段の集大成の料理と、私は思っています。

私と稲葉で、料理は作っているので、
稲葉が一年でどのくらい成長したかというのが、
お節料理を作ることで手に取るように分かってきます。

日々進化しようと料理に取り組むことが、店の成長につながっていくと
私は考えています。

私も成長し、スタッフも成長する・・・。

1歩1歩、着実に進みたい。

開店当時から変わらぬ気持ちです。


本年のお節料理

今年も、2週間を切りました。

大晦日まで、残り約2週間。

やっとお節の内容が、決まってきました!

お待たせいたしました。

現在決まっているのが、
今年のメイン!下関のウチワ海老を3枚!

当店のお節は3人前設定ですので、一人1匹に。

煮あわび3つなど、協力業者さんが頑張ってくれ、
去年よりも一段と豪華になりそうです。

今年は、去年入れた黒豚は見送りました。

黒豚は、店での一品でお出ししようかと。

京都 佐伯さんの京野菜、海老イモ、堀川ゴボウ、京人参。

今日は、お節の重の中の盛りつけを考えていました。

料理1品1品のパーツの構想はできたのですが、
それをどう盛り付けるか?

うぅ~ん、思案しております。

設計図作りが一番難しい~。

頭が痛いなぁ~。 

101218_0906411.jpg

と、横を見ると、ふぅたがこんな感じ(ーー;)

寝とるな~(笑)

一緒に寝ちゃおうかな~。

だめだめ、まだ先が長~い。

今日は大掃除

1DSC01632.JPG

今日は、夜の営業をお休みして、
みんなで大掃除をしておりました。

ガス台、焼き台、換気扇周り、村上さんは、
カウンター磨き。

こういった掃除は、時間をしっかりとってやらないと
なかなかできない掃除なんです。

12月の前に大掃除ができてスッキリ(^.^)

でも、今日、お越しを考えていたお客様、
ご迷惑をおかけしまして、すみませんm(__)m

また、明日より元気に営業いたします!!!

お疲れ様でした。

2DSC01176.JPG

昨日は、多くのお客様にきていただき、
ありがとうございましたm(__)m

気合いが入りすぎ、始めの御挨拶は
めちゃめちゃ硬かったな~(苦笑)

と、料理内容は・・・

すみません後日、アップします(^^ゞ


2DSC01177.JPG

こんな頂き物が。

和味りんのオープンレセプションから来ていただいている
常連さんから、赤ワインのプレゼントをいただきました。

当店の節目の5年。

3年、5年、10年と、商売の節目と言われております。

「芳賀さん、このワイン、5年後が飲みごろなの。
5年後のお祝いのときに、開けて飲んでね。」

とてもありがたく、心こもった頂き物。

5年後、無事10周年を迎えられるよう、
昨日は気が引き締まった一日でもありました。

お客様からの温かい気持ちで、支えていただいている・・・。

仕出し弁当

<5DSC01100.JPG

今日は、午前中に仕出し弁当のご注文を頂いていたので、
5時半起床で、外を見るとすっかり台風一過。

昨日の新宿はそれほどでもなかったのですが、
麻布十番や六本木、神奈川で被害があったそうです。

でも、久しぶりの雨。

昨日の夜はゆっくり寝れましたよね~。

でも、また猛暑復活の予報が出ています。

また、寝苦しい日々が続くのか~(^^ゞ

5DSC01106.JPG

台風の影響で、市場は品薄状態。

でも、なんとかよい食材が手に入りました。

その中でも、一押しなのが、気仙沼の戻りガツオ。

戻りという名らしい脂がのっております!

カツオの脂はしつこくなく、食べやすい。

秋の味覚の代表格!

日本全国のカツオを使いましたが、
脂ののりでいうと、秋の気仙沼産が一番だと思います。

5DSC01107.JPG

やはりおすすめといえば、昨日入荷した
小樽の本メヌキ。

メヌキのプリッとした食感はなんともいえない、
メヌキ独特の味わい。

お造りもよいですが、しゃぶしゃぶにして
おすすめかもしれません。

身を焼いて食べてみたら、脂がしっとりでて
身がプリプリ。

この食感だったら、兜は・・・。

兜はチリ蒸しにしておすすめします。

5DSC01103.JPG

三陸の鯖を仕入れてみました。

鯖といえば、今、巷では青森が有名なんだそうです。

三陸の鯖は大きく育つので、身が若干やわらかめなんですが、
しめ鯖はもちろん、定番の味噌煮や塩焼きなど、いろいろな用途に向きます。

その他、根室の新秋刀魚、小樽のホッキ貝等おすすめです。

野菜は今、非常に品薄。

魚よりも野菜の方が大変かもしれません。

本日もよろしくお願いいたします。

エアコン取り換え工事、無事終わりました!(^^)!

DSC01001.JPG

暑い中、エアコン業者さんにお願いして、
エアコン取り換え工事が無事終わりました。

DSC01004.JPG

古いエアコン。

元々、店舗についていたエアコンでして、
なかなかの年代物だったとか(苦笑)

DSC01011.JPG

それが、こんな新品に変わりました!

今、エアコンも省エネ時代。

電気代がかなり安くなるそうです。


DSC01007.JPG

エアコンって、室外機で冷やして、
室内の空調から出てきます。

エアコンの要の部分。

きれいだぁ~、うれしい~!!

お客様によろこんでいただける空間は、とても大切です。

それに、スタッフも喜ぶだろうな~。

10時間に及ぶ工事でしたが、無事終了!

明日から、快適空間で、お客様をお迎えいたします^_^

今日は、エアコンの交換工事

今年の夏はとにかく暑い!!!

料理で火を多く使うため、店内が暑くなってしまい、
お客様には、ご迷惑をおかけしていました。

エアコンを新しくいたしました!

のちほど、画像アップします。

今日から、4日間お休みをいただきます。

今日から和味りん、4日間のお休みになります。

祭日ということで、市場はお休み。

よい食材が入らないので、お休みすることに
いたしました。

稲葉君は、家族で名古屋へ。村上さんは、広島へ。

私は、久しぶりに実家に行きます。

4日間の休みなんて、滅多にないので、
有意義に過ごそうと思います。  

料理の要 調味料 塩

4月・5月のコースはこちら!

5250円の目玉コースです。

4月24日(土)18時より利き酒会を いたします。

詳しい情報はこちら!

料理を作るには欠かせない、塩。

納得できる塩を見つけるのには、
とても大変です。

ただ、辛いだけではなく、甘み、苦味、
酸味が揃っている塩は、舐めてもうまみを感じます。

以前は、北海道 黒松内の「海のしっぽ」という、
塩をつかっていたのですが、残念ながら手にはいらなくなって
しまいました。

困った・・・。

そんなときに、以前 能登でお世話になった
能登前寿司 幸寿司さんから、珠洲の塩をいただきました。


DS1614.JPG


珠洲の海 一番釜

これだ!!!

昔ながらの製法で作られている塩で、
珠洲製塩さんのホームページで製法が
見られます。

こちらをクリック!

この塩は、天ぷらや揚げ物の塩に最適。

辛み、苦味、酸味、甘みがバランスよく、
うまみを感じる塩です。

やっと見つかった・・・。

DS1608.JPG


今が旬の桜エビを使った揚げ物

桜エビのしんじょう 天ぷら

今が旬の刺身用を桜エビを、生のまま
すり鉢でよくあたり(摺り)、つなぎの白身魚の
ミンチ 生身で合わせ、蒸しあげました。

蒸したてをそのまま召し上がってもいいのですが、
揚げることで、桜エビの風味倍増。
天ぷら粉をつけて揚げることで、ふわっと揚がります。

DS1611.JPG


中身はこのような感じです。

桜エビを姿のままのものも入れていますので、
食感も楽しめます。

桜エビというとかき揚げが多いですが、
食べやすいしんじょうもおすすめです。

桜エビの風味たっぷり。

御家庭で使う塩ですと、
沖縄のヨネマースが意外においしく、スーパーでお馴染みの
くらし良好というブランド。

もし売っていたら、使ってみてください。

意外なところによいものってありますよ。

リニューアル工事が終わりました。

4月・5月のコースはこちら!

5250円の目玉コースです。


D1592.JPG

ちょっと画像は分かりづらいですが(苦笑)、
壁や白の漆喰部分の塗装が終わり、
きれいになりましたよ~!


D1594.JPG

店全体、明るくなりました。

リニューアルって、気持ちがいいですね。

心機一転、気合いが入ります。

きれいになった「和味りん」へ、ぜひお越しください。

D1598.JPG

本日のおすすめは、常磐のマコガレイ。

1.3キロです。

マコガレイは締めた当日もよろしいですが、
2日目がこれまた、抜群!

身質がよくないとそうはなりませんが。

今年の常磐のマコは、いいです。

おすすめです。


本日は、18時より開店いたします。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。


土曜日のお客様

本日、テーブル席、個室すべてご予約を いただいており、カウンター席が空いております。

ご利用、お待ちしております。

土曜日、イタリア人の男性が、
きんきの刺身を食べたいということで、
来店しました。

DS1589.JPG

網走の釣りキンキをおだししたところ、
「おいしい!!」

日本語ペラペラでした^_^

当店にお連れになった日本人の女性の方が、
どうしてもキンキの刺身を食べさせたかったと、
ネットで当店の情報を見て来店してくれました。

刺身だけでは何なので、「しゃぶしゃぶ」にして、
食べて頂いたところ、「うまい~!!」

うれしい、一言です。

そういえば、以前、AIR DOの機内誌 らぽらに載せて
もらったことがあったなと思い、お見せしました。

網走の釣りキンキは、キンキの中でも最高峰。

お値段は時価になってしまいますが、味は抜群です。

今のところ値が落ち着いていますので、ご利用ください。

第一次リニューアル工事終了

DS1554.JPG

表面がボロボロだったまな板が、新品のように
きれいになりました。

さすが、大工さん。

きれいになったな~。

気が引き締まります!


DS1550.JPG

切り口ドアもこのように。

木を保護する塗料を塗ってくれたので、
汚れがつきにくくなりました。

DS1538.JPG

テーブルの表面もカンナをかけてもらいました。

DS1540.JPG

今回は、木の部分のリニューアルでしたが、
来週は、全体の壁の塗装にはいります。

来週の工事が終わったら、「おおっ、きれいになったね」
と、わかるくらいになると思います。

DS1556.JPG

本日のおすすめは、東京湾 千葉 竹岡の
マコガレイです。

内湾のマコガレイ、今年はとてもよいそうです。

よい魚が育つ・・・、東京湾がきれいになった証拠ですかね。

リニューアル工事、始りました。

DS1530.JPG

午前中から、内装工事が始まりました。

DS1533.JPG

大工さんが作っているのは・・・

DS1537.JPG

入口の扉です。

大分、汚れてしまったので、新しく作ってもらう
ことにしたのです。

DS1535.JPG

うぅ~ん、きれいな色!

オープン当時は、こんな色だったな~。


DS1531.JPG

こちらの大工さんがされているのは、
個室のテーブル部分に、機械のカンナをかけて
もらっています。

こちらもきれいになった。

カンナ・・・、そうだ!!!

DS1471.JPG

4年半も使っていると、まな板の表面は、
傷だらけ。


DS1474.JPG

このようになってしまいます。

大工さんにお願いして、カンナをかけてもらうことに
しました。

まな板も一皮剥いて、心機一転です!

新たな気持ちで、仕事に取り組んでいきたいと
思います!

内装工事はまだまだ続きます・・・

花園神社の桜

DS1475.JPG

和味りんの隣は、花園神社。

花園神社の桜が満開です!(^^)!

昨日の大風で、桜が散ってしまうのでは???
と、思っていましたが、花園神社の桜は大丈夫でした。

DS1477.JPG

きれいですね~。

今週末が見ごろですね。

来週になったら、散ってしまうと思うと、
満開の桜には儚さを感じます。

和味りんもオープンして、4年半。

壁や漆喰が汚れてきました。

明日は、リニューアル工事で店内を
きれいにしてもらいます。

ご期待ください!!

DS1479.JPG

昨日の大風で、海は大時化。

千葉でなんとか魚が揚がりました。

南房総 天津小湊の金目鯛です。

今日の金目も、丸々太っていておいしそう!

金目鯛を切り身にし、一気に蒸しあげ、
卵白を立てて、紫蘇を合わせ蒸した金目鯛の上に
のせ蒸し、最後に餡をかける
「金目鯛の紫蘇蒸し」おすすめです。

脂がのった金目鯛ならではの料理。

紫蘇の風味がよくあいます。

その他、房州 ダルマイカ、福岡のメジマグロ、
京都 佐伯さんの筍等。

皆様のお越しをお待ちしております!

本日も土曜日限定5250円コースをお出しいたします。

よろしくお願いいたします。


旬のそら豆を使った一品料理

DS1468.JPG

これからが旬のそら豆。

そら豆は、茹でて白和えにしても合いますし、
裏ごしして、豆腐と合わせて、そら豆の飛龍頭に。

いろいろな料理に使えます。

DS1462.JPG

4月の新規メニューとして、
「芝えびのしんじょうとそら豆の春巻き揚げ」
にいたしました。

芝えびを叩いて卵の素と合わせ、春巻きの皮に
そら豆と一緒に包み揚げてみました。


DS1464.JPG

芝えびの甘さとそら豆の相性がよく、
粗塩を軽くつけて召し上がってください。

芝えびのしんじょう揚げよりも、
そら豆を合わせることによって、
食べやすい味になっています。

お酒のお供に、いかがですか?


DS1459.JPG

本日のおすすめは、
香川の生トリ貝と・・・


DS1457.JPG

福岡のメジマグロ

メジもそろそろ終わりの時期ですが、
脂がよくのっています。

しっとりした脂が特徴です。

その他、房州 ダルマイカ、甘鯛など。

皆様のお越しをお待ちしております。


フランスからのお客様

3月の5250円のコース内容は、 こちらをクリック

ご会合にぜひ、ご利用ください。

昨日、フランス人女性3名、日本人女性1名の
ご予約がありました。

カウンター席での会食。

料理をつくるところを見たいと、一眼レフのカメラを手に、
ご覧になっていました。

一人は、イギリス在住、二人はフランスから。

海外から私が更新している「板長日記」を見てくれて
いるそうで・・・、とてもありがたかったです。

コースで召しあがりになり、
中でも一番喜んでいただけたのは、
「ウチワエビの天ぷら」

う~ん、よかった。外国の方は、やっぱり
天ぷらが好きだな~。

そのお客様の中に、獣医さんがいて、足の本数から、
ウチワエビはエビではなく、カニなんではないか?と。

へぇ~、調べてみよう。

料理を食べながら、日本酒を飲まれていて、
私が最後におすすめしたのが・・・

C01396.JPG


黒松剣菱 瑞祥

剣菱が丹精込めて造った、長期熟成酒。

私がなぜすすめたかというと、
余韻がどことなく、シェリー酒のような後味があり、
これはヨーロッパの人には、受けるのではと思ったからです。

そうしたら、4名みなさん、「おいしい」の一言。

さすが醸造酒熟成(ワイン)文化のフランス。

すんなり、日本酒の熟成酒に馴染んでくれました。

通常の日本酒とは違い、熟成酒はそれぞれ個性的。

いろいろな味わいの日本酒を飲み比べてみませんか?

フランス人女性ご一行様は、満足してお帰りになりました。

片言に、「おいしいです」いっていただいた。

とても楽しいひと時でした。

本日は、房州 千葉の食材が入荷です。

勝山の天然真鯛、サヨリ、ダルマイカ等

皆様のお越しをお待ちしております。

本日、土曜限定 5250円コースご用意しております。

ご利用ください!

演劇観賞

今日は 新国立劇場で、演劇をみてきました。その模様をblog更新しようと思っていたのですが、つい眠ってしまいました(>_<)その模様は後日。明日も下関から仕入れますので、競りの時間まで、横になります。

下関 唐戸へ

11月1、2日、1泊2日で、山口 下関へ、
いくことが決まりました。

下関は日本でも有数な漁港。

山口は山陰は日本海、山陽は瀬戸内海、
下関は周防灘に面し、下関には山口県内の
魚が集まります。

新たなる産地直送の市場となるよう、
頑張ってまいります。

飛行機、宿も決まり、さぁいくぞ~!

11月2日の夜は、その朝仕入れた下関の魚を
使い営業いたします。

お楽しみヽ(^o^)丿

本日で、4周年です。

今朝からばたばたと、4周年の準備をしております。

常連さん方のご希望で、
今回は、利き酒会を催すことにしました。

蔵元は、来福酒造さん。

まだまだ準備が終わっておらず、開始に間に合うかどうか・・・(ーー;)

がんばります!

その模様は、いつかブログで。

エアコン故障その後・・・

17時から、業者さんが来て、エアコンを見てもらって
いるんですが、まだ、故障の原因がわかりません。

うぅ~ん、参りました(悲)

今日中に直ればいいんですが・・・。

なんとか、明日の営業までには、直るよう、
祈るような気持ちです。

エアコンが故障しました。

今朝、なんとエアコンが、故障してしまいました!
現在、修理を依頼しているんですが、
早くても、夕方になりそうなんです(悲)

修理もどのくらい時間がかかるかも、
わかりません。

参りました。

ご迷惑をおかけしますが、急遽、
店をお休みさせていただきます。

りん開店以来、突然のお休みは初めて。

苦渋の決断ですが、どうかご理解ください。

(今日は、まだご予約が入っていなく、よかったです)

修理の状況等、後ほど更新いたします。


今日は、取材を受けていました。

今日は、ある番組の取材を受けておりました。

さきほど、片付けが終わり、ほっと。

番組の内容等は、放送予定日が決まり次第、
ご報告します。

ボツになるかもしれませんから(笑)

心身ともに、疲れました。

でも、楽しさもありました。

なにごとも、造ることは、楽しいことです。

明日から、またがんばろう~

名品に出会う

DSC01163.JPG

おまたせいたしましたm(__)m

先日の東京ドーム テーブルウェア フェスティバルの
続きを更新いたします!

テーブルウェアということで、家庭で使う器が多く、
私たちが使う業務用の物は少なかったです。

でも、その中でも名品がありました。

DSC01170.JPG

見事な京焼きの杯。

名品ですね~。

絵付けの職人の技術のすばらしさ!

窯元さんに伺う。

私「テーブルウェアということで、家庭で使う作品が
多いですね~。でも、こちらはすばらしい作品をおいてらっしゃる」

窯元さん「あまり、売れまへんけど、お客様に技術をみていただきたく、
毎年、展示しております。」

あまりのすばらしさに見入っていたら
「お一つ、どぅですか~。(京都弁)」

すみませんm(__)m予算が(T_T)

DSC01174.JPG

京焼きをあとにし、私好みの器が並ぶ、窯元さんが。

こちらは、長崎 佐世保 三川内焼き 啓祥窯さん。

400年の歴史を持つ伝統工芸。

DSC01179.JPG

桜の平皿。

すばらしい!

桜の染付けの杯を購入してきたので、
ご覧になりたいときは、お申し付けください。

DSC01176.JPG

この染付けもすばらしい~!!!

じっと見入っていると、窯元の奥さんが、

「これ、私が染付けしたんですよ~。」

ええっ!本当ですかぁ~。

DSC01181.JPG

ひとつ、ひとつ、手で画かれた
ものすごく気が遠くなりそうな図柄。

三川内焼きの歴史をご紹介します。

南蛮交易で財政が豊であった平戸藩は、
長崎出島にオランダ商館が移動したため交易の利を失いました。
そこで藩の奨励により、御用窯が年と共に盛大になると、
藩は販路を海外に求め、輸出用陶磁器の開発に努め、
薄手のコーヒー茶碗等が開発されました。
文化元年(1804)にはオランダや中国に輸出し、
海外の王侯貴族に愛されました。
(三川内焼きのサイトから引用)

DSC01183.JPG

三川内焼き 啓祥窯の今村ご夫妻

旦那さんが焼き、奥さんが染付する、
家内工業。

とてもよいご夫妻で、とても佐世保に
行きたくなりました。

器は、確かに高価です。

しかし、窯元さんが手塩にかけた作品。

その手間隙、卓越した技術。

費やした時間を考えると、18万という価格は、
決して高価ではないと思います。

この価格は卸価格。

デパートに並ぶと、かなりの金額になるそうですよ♪

窯元さんの情報です。こちらをクリック。

啓祥窯の今村さんへメッセージ。

「更新が遅くなり、すみませんでした。
このブログを家族の方と見ていただければ、
幸いです。いつかは、そちらにお伺いしたいと
思っております。また、来年のイベントで
お会いしたいです。」

テーブルウェア フェスティバルに行ってきました。

明日、2月9日 店休をいただいております。

尚、11日の祭日は営業いたしますので、
ご利用のほど、お待ちしております。


DSC01135.JPG

先週の日曜、東京ドームで開催している、テーブルウェア 
フェスティバルに行ってきました。

お客様が、長崎の窯元さんをご紹介いただいたのが縁で、
足を運んでみました。

全国の窯元が集まる祭典で、なかなか勉強になりました。

今日と明日は、その模様をご紹介します。


DSC01138.JPG

東京ドームのグランド一面に、それぞれの産地のブースが。

テーブルウェアの展示ということで、8割が女性でした。

私たちは器は仕事で使いますが、
家庭で使うことが主ですもんね。

DSC01144.JPG

手前のブースは、名品を集めたブース。

陶器が生まれた 中国 景徳鎮

景徳鎮の作品です。

テレビの鑑定団では、見ますが、
このような実物をみる機会は少ないので、
よい勉強になりました。

すばらしい芸術です。


DSC01145.JPG

日本の京焼、清水焼

言わずと知れた、京都の器。

京都は久家文化と仏教文化が
融合した都市。

華やかを持つ京焼、色使いがやわらかい清水焼。

DSC01147.JPG

すばらしい、清水焼の大鉢。

色彩豊かな炊き合わせを盛るのにいいですね。

かつて、千利休が創った、茶道。

お茶を嗜むときに、出されたのが、「懐石料理」

それに欠けないのが、器です。

明日に続きます。

本日は定休日ですが・・・

1月2日、3日、クエのしゃぶしゃぶ、予約にてご用意します。 ご利用、お待ちしております。

お正月にクエはなかなか食べれませんよ~。


DSC10881.JPG

先週も連日、多くのお客さまに来ていただき、
ありがとうございました。

いつもは、空き時間を利用して、仕込みをしているんですが、
さすがに、間にあわなくなってきました。

今日は、稲葉君と年末年始の仕込みです。


DSC10877.JPG


これは、チシャトウという野菜。

中国から渡ってきた野菜です。

セロリに似た食感で、セロリほど、匂いはありません。

皮を剥いて、形を、笹の葉のように見立てて、
包丁していきます。

DSC10885.JPG

それを、さっと湯がいて、岡上げにして、塩をあてます。

色だしですね。


DSC10888.JPG

それを西京味噌に漬けます。

ちょうど、丸一日経ったころが、漬かりどころ。

食感がよく、あしらいにもなります。


DSC10879.JPG


こちらは慈姑です。

含め煮にしました。

お正月らしい食材。

年末は30日まで、年始は、2、3日、7日より
通常通り、営業いたします。

さぁ、今年の営業日も、明日、明後日の2日間。

がんばろう~。


今日、「男の隠れ家」の取材を受けます。

これから、「男の隠れ家」という、月刊誌の取材があります。

9月下旬発売なので、よろしかったら、見ていただければうれしいです。

ということで、今、準備の真っ最中。

本日のおすすめは、房州のコチ、神奈川 松輪のサバ、気仙沼のカツオです。

どんな撮影になるか、乞うご期待!!!

本日、和味りん お休みをいただいております。

日、月の連休となる日は、和味りんは、お休みをいただいております。

なぜかと申しますと、日曜、祭日は、市場がお休み。
魚の仕入れができないというのが、理由です。

明日から、どうぞよろしくお願いいたします。


内装工事をしました。

DSC09939.JPG

今年の九月で、丸三年。

3周年を迎える前に、内装工事をしました。

DSC09949.JPG

入り口上の、ここに穴を開け、吸気口をつける作業。


DSC09961.JPG

風を取り入れるために、大切な工事です。

ガスによる熱量が多く発生するため、多くの空気を取り込み、
換気扇から、外に出すという、重要な工事でした。

DSC09942.JPG

正面からみると、

DSC09967.JPG

このように。

穴を開ける場所がなかなか定まらず、大掛かりな工事となりました。

DSC09955.JPG

天井の破損部分を補修

DSC09960.JPG

厨房上の壁の塗装をしました。

DSC09964.JPG

こんなにきれいになりましたよ!

きれいになるのは、気持ちいいですし、安心してお客様をお迎えできます。


新しい冷蔵庫を入れました!!!

DSC09511.JPG

私がいつも立っている、後ろには、このようなシンクがありました。

そこに、「舟型シンク冷蔵庫」という、シンクと冷蔵庫の一体型のものを、
いれることにしました。

なぜなら、お昼も夜も多くのお客様に来ていただき、産地から食材を仕入れる
量がとても増えたためです。

ありがたいことです。

もっと、より多くのよい食材を保管できるように、
冷蔵庫を入れることにしました。

今日は、その模様を。


DSC09516.JPG

2年半使った、シンクを取り外す作業。

愛着があったので、なんだか・・・。

DSC09519.JPG

撤去が終わりました。


DSC09523.JPG


りんの狭いエントランスを通って、新しい冷蔵庫が入れられます。


DSC09525.JPG

たった二人で、思い冷蔵庫を持ち上げます!

腰にきそうだな~(ーー;)

DSC09530.JPG

息がぴったりのお二人。

さすがです。話しを聞くと、何回かぎっくり腰になっているとか・・・。

そうだろうな~。


DSC09532.JPG

とうとう、新しい冷蔵庫が入れられました。

設置作業が始まります。


DSC09538.JPG

私の後ろに、新しい冷蔵庫が入れられました。

気が引き締まりますね~。

もっとよりよい料理をおだし出来るよう、頑張ります!

実は搬入が終わった時間がなんと夜中の2時。

今回も星崎のかけはしさんにお願いしました。

みなさん、遅くまでありがとうございました。


和味りん、本日から3日間、連休いたします。

今日から3日間、和味りん、お休みをいただいております。

ご予約の確認は、メールで受け付けておりますので、
ホームページのお問い合わせから、お願いいたします。

4月も多くのお客様に来ていただきました。
ありがとうございます。

いろいろな料理をおだしできるよう、ゆっくり休んで永樹を養います。

休み中の更新は、もしかしたら、不定期になるかもしれませんm(__)m

よろしくお願いします!

花園神社の桜が見ごろです

DSC09072.JPG

和味 りんのすぐそばに、「花園神社」があります。

この画像は、境内から撮ったものです。

きれいですね~。桜のトンネルのような、なんだか、春って感じですよね~。

今日は、仕込みの余裕があったので、久しぶりに外にでました(笑)

朝、出勤すると、ほぼ店から出るときがありませんので、
久しぶりに出て、こういった桜を見ると、ほっとしますね。

6分咲きでしょうか?私は、このぐらいの桜のほうが好きです。

満開の桜から、花びらが散る光景は、儚さを感じます。

りんにいらっしゃるときには、靖国通りから花園神社に入り、
明治通りに抜けていく、コースがおすすめ。

明治通り沿いの花園神社の正門でて、すぐ右が、和味 りんです。

DSC09061.JPG

今日のおすすめは、房州の活石鯛ですね。

朝、締めてもらってきたので、身がまだ活きています。

石鯛は、初夏に旬を迎えます。

これからが、石鯛の時期。

そういえば、もう鱧が出ていました。

早いな~。でも、来月から、鱧がどんどん出てくるでしょうね。

明日は、最近の市場の流れをみに、築地に行ってこようと思っています。


本日、お休みをいただいております。

うっかり、更新が遅くなり、すみませんでした!!!

本日は、和味りん お休みをいただいております。

明日からのご利用、どうぞよろしくお願いいたします。

明日は、柳井から食材が入荷します。

おすすめは、山口 萩で水揚げされた、天然生本マグロ!

この時期、天然の本マグロの水揚げがとても少ないのです。

それも、萩で水揚げされたとなれば、貴重なマグロです。

あとは、一本釣りのサワラや柳井の瀬つきアジ、ウチワエビも入荷します。

明日も、予約を多くいただいており、カウンター席が6席空いています。

皆様のご利用、お待ちしております!

おとなの週末の取材を受けました

ブログの更新が遅くなってしまいました。

というのも、さきほどまで、「おとなの週末」の取材を受けておりました。

今回は、過去7年間でおとなの週末が取材したお店、1000軒から
「ベスト オブ ベスト 20軒」を選ぶという企画なんです。

ありがたいことに、その20軒に和味 りんが選ばれました。

2月15日発売の「おとなの週末」に掲載されます。

みなさん、よかったら見てくださいね。

DSC08608.JPG

本日は、柳井から食材が入荷しております。

一押しは、ウチワエビ

ウチワエビは、天ぷらにしてお出しします。

イセエビに負けないといわれている、ウチワエビ。

おすすめですよ~!!!

本日、18時より開店いたします。

皆様のご利用、お待ちしております。

ニュージーランドの風景

20071226140719.jpg

今日は、ちょっと嗜好を変えまして、
ニュージーランドの風景をどうぞ。

この画像は、今、新婚旅行で、ニュージーランドに行かれている
常連さんから、昨日メールで,いただきました。

私が、「お土産で、何かよい風景の画像をください」
と、お願いしたところ、快くかな?(笑)引き受けてくれたんです。

このお客様は、オープンレセプションのときから、
ずっと来ていただいている方。

開店当時から今に至る店の成長を、見続けてくれています。

「店が繁盛しているというのは、うれしいけど、芳賀さん、体だけは気をつけてね。」
と、声をかけてくれ、お気遣いくださっている。

ありがたいことです。

さぁ、今年もあと残すところ、5日。
ひどい風邪も引かず、ここまで乗り越えられました。

気をぬかず年内いっぱい頑張ります!

本日、柳井から魚が届予定なのですが、
年末の交通渋滞で、荷物が遅れています。

天然ワラサ、脂ののった、ヨコワ(メジマグロ)等入荷予定です。

なんとか、間に合ってくれればいいのですが・・・。


BSフジ 美味しい旬ばなし、オンエアされました。

昨日の23時に、BSフジで、美味しい旬ばなしがオンエアされました。

昨日、放送された食材は、「釣りキンキ」
一匹、600gを超える大物。

小樽の川嶋店長が、とびっきりのものを送ってくれました。

鮮度抜群のキンキを使った料理を2品作りました。

まずは、素材のよさを楽しんでもらおうと、
「キンキのしゃぶしゃぶ」

付け野菜は、京都 佐伯さんの無農薬野菜の、水菜、壬生菜、はくさい菜を使いました。

DSC08190.JPG

そして、もうひとつは、
「キンキの白湯仕立て」

キンキのアラを、香ばしく焼いて、昆布と一緒に、ゆっくり出汁を
取りました。

ある程度煮つめていくと、キンキの出汁は白濁してきます。
そこで、「白湯仕立て」という、名をつけました。

いい味が取れるんですよ~。

その出汁に野菜の甘さを加えるため、佐伯さんの九条ねぎを焼き、
出汁に加えました。

ねぎの甘さというのは、出汁に丸みを加えてくれます。

そして、碗盛りにしました。

碗ダネは、焼いたキンキ、焼き九条ねぎ、刻み大葉、絞り生姜、
そして、中華めんを一口入れてみました。

直球と変化球の料理をとの、プロデューサーとの打ち合わせもあり、
遊んでみました。

濃い出汁がでますので、ここでなにか合わせたほうがおもしろいな~と、
考えていて、マッチしたのが、細麺の中華麺。

店では、おだししませんがm(__)m

来週は、佐伯さんの「聖護院カブラ」を大胆に使った料理が
出ます。

どうぞ、ご覧ください!

BSフジ 「美味しい旬ばなし」の取材を受けました

書道家 武田双雲さんがホスト役で、ゲストと旬の素材の料理を食べながら、
トークをするという番組、「美味しい旬ばなし」に、料理提供という形で、
取材を受けました。

今週末 12月1日と12月8日 土曜 23時から23時半 BSフジで
放送されます。

私は今まで、雑誌等の取材は受けてはいましたが、
テレビは初めて。

取材要請の電話があり、私は2日間悩みました。

実は、あまりテレビには、出たくなかったんです。

第一に、常連さんやご贔屓のお客様に迷惑をかけてしまうんではないか?

テレビを見て、りんに来たいと思っていただくのは、とてもありがたいのですが、
そのことによって、常連さん、ご贔屓さんが来店できなくなってしまったら、
どうしよう。放送の12月1と12月8日。
繁盛期でもありまして・・・。

第二に、まだオープンして丸2年が経っただけ。
まだ、早すぎるのではないのか?

私は、まだまだ浅学な料理人。

そんな自分の料理に、取材が来ている。

本当に悩みました。

しかし、ある馴染みのお客様が、
「あぁ、その番組みたことあるよ。とてもいい番組だから、
出てみてもいいんじゃない?」

BS放送ということで、私は番組知識がまったくなかったので、
お世話になっているお客様からの言葉が、悩む私を押してくれました。

よし、やってみるか・・・。

旬の食材はこちらになりました。

DSC08202.JPG

和味 りんの看板というべき、
北海道 根室の「釣りキンキ」

DSC08294.JPG

伝統の無農薬京野菜
佐伯さんの「聖護院かぶら」

この食材を使い、一つの食材につき2品、
計4品が、番組で放送されます。

料理内容は、番組をご覧いただけたらと思います。
(放送前なので、シークレットになっています)

いやぁ~緊張しましたね~。
その一言。

料理のテーマは、静と動。

私が作るいつもの料理は、静の部分が多いんですが、
今回は動で、いろいろ楽しんでみました。

ゲストは、女子レスリングの礎を築いた、
山本美憂さんと、妹の聖子さん。

きれいな方でしたよ。

料理やその模様は、日曜日あたりに、更新します。

どうぞ、ご覧いただけたらと思います。

DSC08288.JPG

本日のおすすめ食材は、
柳井の天然真鯛!

きれいな色ですよね~!

冬はいろいろな魚が、冬の寒さを乗り切るために、
脂が一番のる時期です。

この天然真鯛も脂がのっていますよ~。

「鯛は春じゃないの?」と思われると思いますが、
春は産卵期。

身よりも、発達した白子や卵が珍重されます。

身は、冬のほうがよいのではと、私は思っています。

本日もどうぞよろしくお願いいたします。

Home > 極みの食材 > お店の様子

Search
Feeds

Page Top