Home

板長日記

明日で、12周年を迎えます。

  • 2017-09-19 (火)
和味りんFACEBOOK→クリック  

よろしくお願いいたします。

 

明日で、12周年。

12年前の自分は、
明日が来るなんで、思ってもいなかったでしょうね・・・

12年前のオープンの際には、不安と期待が交錯していました。

不安のほうが明らかに、強かったと思います。

そして、今。

12年を積み重ね、料理に向き合う時間が非常に長くなりました。

お客様にご満足いただきたい・・・。

それは、自信というものではなく、
お客様の期待を裏切りたくないという気持ちです。

今日は、自分の言葉で書きたいなと思い、
PCの前にいます。

ふと、オープンの時のスタッフを思い出したり、
歴代のアルバイトの子たち。

初めて採用した留学生。

そして嫁さんに女将になってもらったこと・・・

12年は、長い年月ではありますが、
走馬燈のように思い出します。

また、仕入先の方々には、いつも力を貸してもらって
いまして・・・

12周年のイベントの料理のことを、いろいろ相談して、
彼らは大切なパートナーです。

仕入先の方々との出会いがなかったら、
今の自分はなかったなぁとしみじみ思いました。

そして、12年やってこれたのも、お客様のおかげです。

ランチの時も、夜の営業も、
お客様がおいしかったとおかえりいただくことこそ、
一番うれしいことはないです。

もっと、よりよい料理を展開していきたい。

12周年を前に思う気持ちです。

なんだか、取り留めのない文章になりましたが、
1日1日の積み重ねの中の12周年という一日。

気持ちではしっかり思い、仕事は普段と変わらず
きりっとしてお客様をお迎えいたします。

では、明日もよろしくお願いいたします。


  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

青森 陸奥湾 神経〆天然真鯛

  • 2017-09-07 (木)
和味りんFACEBOOK→クリック  

よろしくお願いいたします。

 

IMG_2420.JPG

本日のおすすめは、青森 塩谷魚店さんから送ってもらいました、
神経〆天然真鯛です。

型は、1.86キロ

陸奥湾の天然真鯛は、秋が旬で、今期初入荷です。

塩谷さんから聞いたところ、今年はホタテの弱っているものが
多く、それを鯛が餌にしていて、鯛にうまみがのるのが早いとのことです。

鯛の内臓をチェックしましたら、貝の破片が出てきました。

そして、甘い匂いが。

今年の鯛は、例年よりもよさそうです。

これから、どんどん陸奥湾の鯛を仕入れてまいりますので、
どうぞご期待ください。

よろしくお願い致します。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

一期一会の魚 長崎 五島列島 福江島のキハダマグロ

和味りんFACEBOOK→クリック  

よろしくお願いいたします。

 

IMG_2234.JPG

素晴らしい食材が、届きました。

福江島の林鮮魚店さんから送ってもらったのは、
キハダマグロです。

この画像をみて、キハダマグロとわかる方は、
なかなかいないと思います。

私もこれだけの質感のキハダマグロに出会ったのは、
初めてです。

素晴らしいという一言に尽きます。

魚体は10キロ、旨みもしっかりあり、
脂もこのようなグラデーションののり方。

酸があまりなく、味わいはメジマグロやメバチマグロの
柔らかさはありますが、もっとクリアです。

キハダマグロが、これほどまでの身質になる・・・

驚きと感動です。

今日は、上の背の半分が残っておりますので、
そちらをお出しいたします。

また、三浦半島の神経〆のキハダマグロ22キロも昨日入荷していますので、
福江島のと食べ比べも面白いかもしれません。

ぜひ、おすすめいたします。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

鰆の西京焼き

  • 2017-08-25 (金)
和味りんFACEBOOK→クリック  

よろしくお願いいたします。

 


IMG_2009.JPG

三陸 宮城で水揚げされた4キロ台の
鰆を仕入れて、これを全て西京漬けに
いたします。

2本で、大体70枚程度切り身ができます。

でも、この量を仕込んでも1週間で
ストックはなくなってしまいます。

夜の一品でも出しておりますが、
よくご注文いただくのがランチ営業なんです。

中には、メニューをご覧にならないで、
西京焼きを注文するお客様も。

今まで食べていた西京焼きとは、
別物で、柔らかくて美味しいと
好評でして。

当店の西京焼きは、魚の旨味や脂が
あまり抜けないよう、仕込み技術を
開発いたしました。

また、最大の特徴は、冷めても硬く
なりづらいという利点があります。

数年前、年末に御節を詰め終わり、
焼き終えた西京焼きを食べた時に、
硬い!これでは、ダメだ…

から、開発に至りました。

西京焼きは、ポピュラーな焼き物ですが、
当たり前と思われていたものを、改良していく。

料理の醍醐味かと思います。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

鰆の西京焼き

  • 2017-08-25 (金)
和味りんFACEBOOK→クリック  

よろしくお願いいたします。

 


IMG_2009.JPG

三陸 宮城で水揚げされた4キロ台の
鰆を仕入れて、これを全て西京漬けに
いたします。

2本で、大体70枚程度切り身ができます。

でも、この量を仕込んでも1週間で
ストックはなくなってしまいます。

夜の一品でも出しておりますが、
よくご注文いただくのがランチ営業なんです。

中には、メニューをご覧にならないで、
西京焼きを注文するお客様も。

今まで食べていた西京焼きとは、
別物で、柔らかくて美味しいと
好評でして。

当店の西京焼きは、魚の旨味や脂が
あまり抜けないよう、仕込み技術を
開発いたしました。

また、最大の特徴は、冷めても硬く
なりづらいという利点があります。

数年前、年末に御節を詰め終わり、
焼き終えた西京焼きを食べた時に、
硬い!これでは、ダメだ…

から、開発に至りました。

西京焼きは、ポピュラーな焼き物ですが、
当たり前と思われいたものを改良していく。

料理の醍醐味かと思います。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

More...

Home

検索
フィード

Page Top