Home

板長日記

青森 陸奥湾の4キロ 天然真鯛

  • 2017-10-12 (木)
和味りんFACEBOOK→クリック  

よろしくお願いいたします。

 

IMG_3298.JPG


今が旬の青森 陸奥湾 天然真鯛が入荷いたしました。

この画像の2本の鯛は、なんと4キロを超えています。

ここまで大きな鯛になると、焼きものに向く身の厚みが
あるので、西京漬けに仕込もうと考えています。

旬の鯛のうま味は、抜群で、西京味噌に漬け込んで、
真空処理して、冷凍いたします。

西京漬け詰め合わせを、本年も販売いたしますので、
青森の鯛を入れようかと。

各産地の旬に仕込み、真空冷凍保存した、
和味りんの西京漬け詰め合わせ

おすすめです。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

お節の食材は、全国の方々から

  • 2017-10-09 (月)
和味りんFACEBOOK→クリック  

よろしくお願いいたします。

 

当店の年末 お節料理

食材は、全国の産地の方々に支えられております。

先日、毎年 岐阜の天然アユを送ってもらっている方から
連絡があり、今年もアユが不漁で数が揃わないかもしれない、
申し訳ないです・・・。

その明くる日に、長良川で友人が捕ったアユが確保できました。
ほっとしたと連絡が・・・。

この言葉をメールでもらい、私は本当にいろいろな方々に
支えていただいているんだなと、感慨深い気持ちになりました。

私が表現したいお節料理は、家族団らん、子供たちから
お年寄りまでみなさんが笑顔になる料理です。

しかし、残念ながら、子供たちのお節料理のイメージは
とても悪いです。

おいしくないという子供たちがとても多く、
私は和食料理人としてこれは、改善しなければならない最重要課題と
思い、毎年のお節料理に取り組んでおります。

子供の時に、お正月のお節料理が楽しみでないと、
その子供が親になったときに、その子供たちは
お正月にお節料理がない文化になってしまうと思います。

日本の文化の一つのお節料理。

和食は、世界遺産になったわけですが、
美食という観点も必要だと思いますが、
食育という観点も非常に大事だと思います。

お節料理のちょっとした一品一品を
簡単に作れるという料理教室も必要ですね・・・。

そんな私の気持ちや考えをサポートしてくれ、
和味りんのお節料理を支えてくれて
くれてもらっている産地の方々に感謝です。


  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

年末用 酒菜盛り合わせ

  • 2017-10-07 (土)
和味りんFACEBOOK→クリック  

よろしくお願いいたします。

 


IMG_3127.JPG

10月も前半も終わり、私はお節の構成に取り掛かっております。

去年ですが、試験的に販売した「酒菜盛り合わせ」
がとても評判がよかったので、今年は限定数で販売しようと
考えております。

去年の内容は、新物のからすみと2年熟成のからすみ食べ比べ、
2種類の西京漬け(2枚)、陸奥湾 煮アワビ、数の子吟醸漬け、
クジラベーコンでした。

お値段が1万円(税抜き)

今年もこれと同じと考えてはいるんですが、
クジラベーコンの原材料が手に入るかどうかわからなく、
肉を使った酒のつまみに変更しようかと考えております。

最近扱っている、川又軍鶏や、青森で育てられているシャラン鴨など、
なかなかよいものがございまして・・・。

11月半ばまでには、形になるかと思います。

冷凍発送ができますので、北海道や離島へも送ることができます。

お問い合わせ、お待ちしております。

03-3205-7252

板長 芳賀まで

ホームページのお問い合わせフォームもご利用ください。

お節のご予約は、10月後半から承ります。

よろしくお願いいたします。


  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

天然木の子

  • 2017-10-04 (水)
和味りんFACEBOOK→クリック  

よろしくお願いいたします。

 


IMG_3201.JPG

大阪の問屋さんから、天然木の子を送ってもらいました。

今秋は、天然木の子をいろいろと研究しておりまして、
さまざまな料理に使っていこうと思っております。

今日、入荷した木の子は、
イグチ茸、ナラタケ、カヤシメジ、ハツタケです。

中でも、ハツタケは炊き込みご飯に合う香り満載の
木の子だとか。

今日は間に合わないので、明日、ハツタケで炊き込みご飯に
してみようと思います。

キノコというと、今やスーパーに年中並ぶ野菜のような存在ですが、
やはり天然ものは出汁がよくでて、香りが全く違います。

旬も短い天然木の子は、一期一会の食材。

主にコース料理に使っていきますので、ご興味ございましたら、
コース料理のご予約お待ちしております。

03-3205-7252

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

お昼(ランチ)の食材

  • 2017-10-02 (月)
和味りんFACEBOOK→クリック  

よろしくお願いいたします。

 


連日、多くのお客様のお越しいただいている、
ランチ営業。

当店のランチは、産地からの焼き魚中心に、
お米は能登の苗の時に1回だけ農薬をかけただけの
減農薬米のご飯、お味噌汁、香の物、小鉢、茶わん蒸しが
ついた定食となっております。

IMG_3105.JPG


明日の魚は、愛媛 今治 漁師 藤本さんの
活〆まるあじ塩焼きがメインです。

IMG_3108.JPG

活きているうちに、首を折り活〆されたマルアジは、
ふんわり脂がよくのった、藤本さんの〆方が魚の魅力を
最大限に引き上げています。

あぁ、お昼に魚が食べたいなぁと思われたら、
ぜひお寄りください。

産地から厳選された魚が、お待ちしております。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

More...

Home

検索
フィード

Page Top